マテリアル・ガールから逃れて ― 『ロックンローラ』

 

ロックンローラ

RocknRolla

 

出演:ジェラルド・バトラー トム・ウィルキンソン マーク・ストロング

監督:ガイ・リッチー

制作:イギリス 二〇〇八年

[恵比寿ガーデンシネマで鑑賞]

 

 

 

「ロックンローラ」とは、金も、名声も、女も、ヤクも、

すべてを一息につかもうとする人間のこと。

つまり、この映画は「欲望」が主題。

期待させる。

そんなガイ・リッチー監督は、のんびり地中海の島で、

ラジー受賞作にかまけるうち、浦島太郎になっていた。

外国資本が洪水のようにながれこみ、空前の好況にわくロンドン。

あたらしい高層建築がぬりかえる町並や、

なまぐさい煩悩に翻弄されるひとびとをえがく。

という塩梅に、あわてて故郷が舞台の映画をつくったはいいが、

公開時に不動産バブルがはじける、というオチがつきました。

ぬけてるなあ。

カレル・ローデンは、ロマン・アブラモヴィッチそのものの役。

このひと、『ボーン・スプレマシー』でもロシアの石油王を演じてた。

マフィアがこわくないのだろうか。

二度にわたり七百万ユーロをぬすまれるが、

かれにしてみりゃはした金だから、おかまいなし。

それより、お気にいりの絵の行方ばかり心配する。

欲望は、金銭ではかれない?

それは結構だけど、悪役が最後まで余裕綽々なので、もりあがらない。

 

 

 

ジェラルド・バトラーめあてで平日の恵比寿にいったが、

愛すべきチンピラをたくみに演じていた。

ホモネタとか、わらわせる。

こんな連中とパブで飲んだら、たのしいだろうな。

でも、金をはらってみる作品としては、どうだか。

公式サイトのプロダクションノートをよめば、

この映画がこんなにユルい理由がわかる。

六週間でとったから。

演技は即興ばかりで、いつでも一発OK!

つまり、マクドナルド映画だった。

本来はかわいくて気品あるタンディ・ニュートンも、

鶏ガラみたいに貧相で、色気がないのがくやしい。

いくら制作期間がみじかくても、

「クォーターパウンダー」くらいの味はたもってほしい。

肉のうまみがたりないんだな。

 

 

 

 

マドンナ・ルイーズ・チッコーネ、五十歳

きたえすぎだ。

血管がゴムホースみたいにうきあがる。

コイツと喧嘩したら、瞬殺されるよ。

信憑性のうすい最近の発言として、もと旦那のリッチーに対する、

 

私は私みたいな人間と結婚したかったわ。

強くて、血気盛んで、知的で、

意気揚々としている人間が好きなのよ!

 

「Techinsight」

 

というものがある。

無責任な噂にすぎないにしても、

かの女の哲学を端的にあらわしていて、おもしろいね!

マドンナの人生については、草一本のこらないほど語りつくされており、

オレがつけくわえる言葉など、なにもない。

ただいえるのは、本作でいう「ロックンローラ」とは、まさに、

去年「ロックの殿堂」入りをはたした、この「マテリアル・ガール」だってこと。

文字どおり裸一貫からのしあがり、のぞむものすべてを手にいれる。

いらなくなれば、すぐに捨てる。

そして、老いてもなお肉体をいじめ、荒野と化した旅路をすすみつづける。

純粋な、欲望そのもの。

なるほど、映画『ロックンローラ』が失敗作なのも当然だ。

そこにいるべき主演俳優がいないのだから。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03