藤本正二『終電ちゃん』

 

 

終電ちゃん

 

作者:藤本正二

掲載誌:『モーニング』(講談社)2015年-

単行本:モーニングKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

深夜の新宿駅の16番線ホーム。

列車の到着に、安堵の表情をうかべる利用客。

勾配標を背負う幼女が、先頭車両に腰かけている。

「終電」の擬人化、終電ちゃんだ。

 

 

 

 

子供は終電に乗らない。

そこにいるのは、どちらかと言えば不幸な大人たち。

終電ちゃんは彼らに特別なことはしない。

ただ安全に最寄り駅まで送り届ける。

それだけなのに、不思議と感謝の念がわく。

 

 

 

 

終電ちゃんは、世話好きのおばあちゃんみたいな性格。

世事に疎く、「ダイヤ」と聞いて思い浮かぶのは時刻表のみ。

 

 

 

 

作者は「システム」としての鉄道を描く。

トラブルに対処しつつ、秒単位の緻密さで大人数を輸送する。

 

 

 

 

終電ちゃんは、路線ごとに個体差がある。

たとえば山手線は、接続のため他の路線を待たせがちな自己中少女。

普通転轍機を引き摺っている。

 

 

 

 

終電は、時刻表どおり動けばよいとかぎらない。

早くても遅くても、利用者の怒りを買う恐れがある。

雪玉をぶつけられたり、理不尽な目にあっても、黙々と任務を果たす。

嫌われてもかまわない。

そもそも終電なんて、乗らない方がよいのだから。

 

 

 

 

疲れた人々を東から西へはこぶ地味な仕事のなかに、

東京とゆう街のリアリティがうかびあがる。

切り口があざやかで、語り口がやさしい、初連載作だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03