キャラクター至上主義

 

 

ボルダリング女子をおしゃれに描く、珈琲『のぼる小寺さん』の2巻。

大きめのTシャツがかわいい。

 

 

 

 

小寺さんが黙々とボルダリングするだけの漫画。

彼女の台詞もすくない。

チアガールを手伝ったときは、むしろ声を出すなと言われる。

 

 

 

 

小寺さんに敵はいない。

大事件は起きないし、逆境に追いこまれもしない。

ボルダリングに夢中である理由さえ、わからない。

 

カメラはひたすら小寺さんに寄り添い、一挙手一投足をおさめる。

それだけで異彩を放つ。

 

 





 

 

二駅ずい『彼女はろくろ首』の2巻。

「ろくろ首のJK」って実はかわいいんじゃね?

……とゆうシンプルな構想にもとづく作品だ。

 

 

 

 

たしかに妖怪は心ひかれる存在。

それが美少女なら、ますます魅力的だ。

のっぺらぼうで目鼻が消えたりして、いっそうカワイイ。

 

 

 

 

古典的な創作手法においては、鍵となる事件に焦点をあわせ、

人物が反応する様子をえがき、その性格を浮き彫りにする。

パッと見かわいきゃOKな現代では、主流のメソッドではない。

「初音ミクの本質的性格」を、だれが知っているのか?

 

現代のキャラは行動しない。

することと言えば女子同士のイチャイチャくらい。

 

 





 

 

プロタゴニストが動機によって動かされ、アンタゴニストがそれを妨碍し、

ふたつの世界観がぶつかりあい、結末で作品のテーマが明らかになる。

そんな悠長なストーリーは古臭い。

遊具で戯れる幼稚園児の様なキャラが、虚構の世界で跳梁跋扈している。



関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03