大根万歳! ― 『ディファイアンス』

 

ディファイアンス

Defiance

 

出演:ダニエル・クレイグ リーエフ・シュライバー ジェイミー・ベル

監督:エドワード・ズウィック

制作:アメリカ 二〇〇八年

[シネマスクエアとうきゅうで鑑賞]

 

 

 

また例の、「世界はユダヤ人の味方です!」映画かよ。

ガザ地区の市民に対して無差別攻撃をしているのは、どの民族だ。

いまさらドイツ人を批難してる場合か。

という具合に眉をつばでたっぷりとぬらし、突撃隊よろしく、

新宿のシネマスクエア(ゆったりした椅子がよい)にむかった。

しかし、さすがは骨太なユダヤおじさんのズウィック監督。

地に足がグサグサつきささった映画だった!

これは、ユダヤ人共同体とナチスドイツがたたかう「戦争映画」だね。

一九四一年、ベラルーシを占拠したドイツ軍は、

地元警察の手をかりてユダヤ人狩りをはじめる。

ドイツ人の律儀さはあきれるほどで、こんな僻地でもユダヤ人をおっかけたらしい。

この労力を主要な戦線にむければよいものを……。

ダニエル・クレイグは、軍や警察の力がおよばない森のなかに同胞をあつめ、

最大で千二百人の小国家をきずく。

ここまでくれば、国対国の正規戦だ。

だからこの映画は、お涙頂戴の綺麗ごとじゃない。

仲間がふえればまず食料の心配をするし、共同体内部は不平不満ばかりで、

クレイグはきびしい政治的判断をせまられる。

衣装や小道具も、よくしらべていて作りがこまかいから、真にせまる。

鍋とか、ウチのとおなじくらい汚いんだもの。

 

 

 

ダニエル・クレイグは、やはり好きになれない。

前頭骨が発達しすぎて、ひどい奥目。

瞳の色のうつくしさにまいったひとも多いらしいけど、

でもさ、全然表情がよみとれなくない?

面の皮もつっぱった感じで、額にお猿さんみたいな皺がすぐでるし、

わらっても、頬のあたりがひきつっている。

表情のにぶさは、演技者として致命的だとおもうんだけどな。

 

 

一方、かれの弟を演ずるリーエフ・シュライバーはすばらしかった。

冒頭から、ふたりのあいだには緊張感がはりつめる。

単に敵をたおす、人命をすくうという主題だけでなく、

家族同士の確執がえがかれる、重厚なものがたりだ。

組織の防衛を優先する兄と、攻撃をこのむ弟は、つねに意見が対立。

『ゴッドファーザー』でいうと、マイケルとソニーの関係だ。

クレイグとちがって「うまい役者」なので、

映画を複雑なあじわいにするのに、だれよりも貢献していた。

 

 

 

とはいえ、役者はうまけりゃいいってもんじゃない。

三番目の兄弟を演じたのが、ジェイミー・ベル。

好演だったが、おもしろい発言をしている。

映画の後半で、かれがクレイグにかわって指揮をとる場面について。

 

最初の脚本では、あの展開はなかったんだよ。

途中でエドが思いついたんだ。

そこにもまた、ダニエルの寛大さが表れているよね。

見せ場を若手にあげてしまうことを快く思わない主演俳優は、

きっとたくさんいるだろう。

 

猿渡由紀 『ディファイアンス』プログラム

 

クレイグさん、顔は少々こわいが、やさしいひとなんですね。

監督も、奥目おとこの人間性をほめたたえる。

 

ダニエル(・クレイグ)がタフな男で、

他に手本を示すような人柄だったから助かったよ。

もし彼が自分から率先してトレーラーに走って戻るタイプだったら、

他のみんなもそうしていいただろう。

 

同プログラム

 

成功した俳優ならではの余裕かもしれないけれど、

それこそ役柄とおなじように、仲間を率先垂範していたようだ。

そこまでかんがえての配役なら、すごいな。

このブログではいつもいっているが、「演技力と人間性は反比例」。

クレイグが大根役者だという印象はかわらないが、

極寒のロケ地で苦労する同僚をはげまし、

映画の完成にみちびくことも、重要なしごとにちがいない。

そんな現場の団結ぶりが、観客にもつたわる名作だ。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03