神崎かるな/黒神遊夜『武装少女マキャヴェリズム』4巻

 

 

武装少女マキャヴェリズム

 

作画:神崎かるな

原作:黒神遊夜

掲載誌:『月刊少年エース』(角川書店/KADOKAWA)2014年-

単行本:角川コミックス・エース

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻/3巻/『しなこいっ!』

 

 

 

女帝・天羽斬々、ついに参戦。

彼女があらわれると、背景を闇がうめつくす。

「絵になる女」を自称した鳴神虎春と同様に。

 

 

 

 

ラッキースケベ満載の、ウハウハなハーレムラブコメとしてはじまった物語は、

作者の十八番である「血族同士の相剋」へ舵を切ってゆく。

 

 

 

 

むきだしの憎悪、理不尽な暴力、忌まわしい事件。

ギリシア悲劇の様に陰鬱だ。

 

暗いストーリーでなにが悪いのか。

それゆえのカタルシスもあるのではないか。

 

 

 

 

アモウの奥義は「自動反撃(オートカウンター)」。

信じがたい防禦力により、「攻撃が成功すれば敵を無力化」とゆう、

あらゆる剣術の流派の前提を廃棄してしまう。

 

おそらく漫画史上もっとも武術に精通した作家が、

武術を全否定する様な描写をする点に、読者は感動する。

同時に「奥義の種明かし」とゆう、古典的な剣豪ものの意匠も施されている。

 

 

 

 

驕慢さを理由に、顔を斬られる蕨。

メインキャラの身体欠損、特に顔面におけるそれは、

キャピキャピした女子が大勢出てくる物語では禁じ手だ。

 

 

 

 

前作の最終盤に登場して以来沈黙をまもっていた、

盲目の居合の天才・因幡月夜もうごきだす。

 

 

 

 

抜刀どころか納刀さえ見えない、薬丸自顕流の斬撃。

鳴神の淀んだ血を證明する邪眼。

本作が『しなこいっ』の復讐戦なのを思い出させる。

 

積み上げたものを破壊し、約束事から逸脱し、忘却に対し抵抗する4巻。

これだよ、これが読みたかったんだ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 神崎かるな&黒神遊夜   
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03