榎本あかまる『たべものけもの』

 

 

たべものけもの

 

作者:榎本あかまる

掲載誌:『月刊コミックゼノン』(徳間書店)2015年-

単行本:ゼノンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

留守番中の6歳の「小花」が、ままごとで孤独をまぎらわす。

父が亡くなったため、母はパートで外出するときが多い。

 

 

 

 

冷蔵庫からの物音が、静かな部屋にひびく。

おそるおそる開けると、耳の生えた卵「たまうさぎ」がいた。

相棒として、さびしさを慰めてくれる。

 

 

 

 

母親はやさしい。

しかし「健気ないい子」は、「ひとりでも大丈夫な子」を意味しないのを、

忙しさにかまけてわかってない面がある。

 

 

 

 

こちらは小学校の「北川先生」。

厳しいタイプで、生徒からは敬遠されがち。

いつも甘い顔をして人気のある後輩に不満はつのる。

こっちは好きで嫌われ役やってるんじゃないっての。

 

 

 

 

たまったストレスを酒とつまみで解消しようと冷蔵庫をあけたら、

イクラの瓶のなかに「いくらねこ」が潜んでた。

 

本作はさびしい大人のファンタジーでもある。

 

 

 

 

魔法は永遠に続かない。

ある夜、たまうさぎの隠れ場所へいったら、普通の卵にもどってた。

 

 

 

 

母は当然、冷蔵庫にしまおうとする。

はげしく泣き喚き、めづらしく反抗する小花。

すべては、孤独に負けそうな心が生み出した幻想だったのか。

せつない。

 

ファンタジーを必要とする現代人に寄り添う、あまくてにがい物語。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03