佐藤ミト『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』

 

 

流れ星に願うほど僕らは素直じゃない

 

作者:佐藤ミト

掲載誌:『コミックヘヴン』(日本文芸社)2015年-

単行本:ニチブンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

川のせせらぎが聞こえる、山辺の町。

高校生の男女6名は、みな幼なじみだ。

 

 

 

 

長い髪の少女「すばる」は、小学5年のとき「北斗」に告白した。

返事はまだ聞いてない。

 

 

 

 

なぜかと言うと、その日に川へ転落し、5年間眠りつづけているから。

大事なものを過去に置き忘れたまま、少年少女は生きる。

 

 

 

 

すばるを救えなかったせいでずっと苦しむ北斗のもとへ、

霊的存在となったすばるが、肉体を病院にのこして突然あらわれる。

オフィーリア的幻想にみちた青春ものだ。

 

 

 

 

あかるく仲間思いで、つねに北斗の支えとなる「茜」が印象的。

心に傷を負った若者が、おのれの恋愛感情にとまどい、

ときに反撥しあいながら成長する姿を、丹念にえがく。

 

おなじくヘヴン連載の、佐々木ミノル『中卒労働者から始める高校生活』に似た味わい。

 

 

 

 

しかし茜はかならずしも無垢じゃない。

あの日、すばるに嫉妬し、告白を邪魔しようとした。

 

幼いころ起きた悲しい事件をめぐり、

ストーリーが時間を行き来しつつ転がるサスペンス要素は、

三部けい『僕だけがいない街』を髣髴させる。

 

 

 

 

細心の風景描写、ファンタジックな浮遊感、炸裂する純情。

複雑な読後感をのこす注目作だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03