親米左翼とゆう視座

『干物妹!うまるちゃん』第10話(テレビアニメ/2015年)

 

 

2015年4月に発表された日米防衛の「新ガイドライン」で、

日本政府は作為的翻訳をおこなっている。

たとえば、supplementを「補足する」でなく「補完する(本来はcomplement)」と、

mayを「してもよい」でなく「できる(本来はcan)」と訳した。

誤訳や意訳などではない。

米軍が日本防衛に加わる印象を強めるためのトリックだ。

 

2010年に外務省が、鳩山とオバマの会話内容を読売新聞に漏らしたとか、

春名幹男『仮面の日米同盟』(文春新書)は政府の無軌道ぶりの記録が満載で、

読んでいて無力感におそわれた。

なぜこんな理不尽がまかり通るのかと。

 

 

 

 

「在日および在沖縄米軍基地はほとんどすべてが

米軍の兵站の目的のためにあ」ることを忘れてはなるまい。

そんな日本の地政学的な価値を最も熟知しているのはアメリカであって、

認識が最も浅いのは日本人自身かもしれない。

 

ペリー提督来航から、アフガニスタン・イラク戦争にいたるまで、

アメリカは日本を「物資補給の有力な拠点」としか見做してない。

これだけ尽くしているのだから、すこしは信用してくれてもいいのに、

やつらのわれわれへの評価は、倉庫の管理人程度のもの。

 

1971年の沖縄返還協定で、法理論をアクロバティックに駆使し、

尖閣諸島の領有権争いに中立を決めこんだアメリカの狡猾なふるまいは、

「そもそも何のための安保か」とゆう問いを日本人に突きつける。

 

 

 

 

誰が泣こうが喚こうが、アメリカは自国の利益を追求するし、中国は膨張する。

日本は太平洋の荒波にもまれながら舵取りせざるをえない。

説明責任を放棄した政府のもとで。

これが手詰まりでなければ何なのか。

 

そこで、エマニュエル・トッドが『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』で語っていた、

「親米左翼」とゆう視座をおもいだす。

 

実際私は、ヨーロッパにおけるアメリカの優位は、

政治体制としてのデモクラシーがそうであるように、

さまざまな解決策の中で最もマシなものだと考えています。

われわれの大陸がどれほどのイデオロギー的崩壊の中にあるかと思えば、

致し方なしというところです。

 

イデオロギーの死んだアジアの中心で、デモクラシーを叫ぶ。

左翼思想を保持するためアメリカをうけいれ、餌をやり、鎖につなぎ、

行儀が悪ければ叱り、番犬として飼いならしながら、つつがなく隣人とつきあう。

それができるのは親米左翼だけ。






関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03