得能正太郎『NEW GAME!』3巻

 

 

NEW GAME!

 

作者:得能正太郎

掲載誌:『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)2013年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻

 

 

 

3巻はディレクターの葉月さんが目立つ。

チームが美人ばかりなのは、ディレクターの職権濫用のせいと判明。

 

 

 

 

パーティションによる百合空間の構築が、本作の新機軸だったが、

百合は百合のまま、物語の規模はフロア全体にひろがる。

キャラコンペに参加した青葉に、師匠のコウさんへのライバル心が芽生えた。

 

 

 

 

青葉のデザインが第1回コンペを通過。

1巻の寝袋が伏線となっており、意外性だけでなく必然性もある。

イーグルジャンプ社の看板であるコウさんはおもしろくない。

 

 

 

 

青葉がキャラクターデザイナーとしてクレジットされたら、

もう先輩後輩でなく、対等の関係になる。

その変化に気づかず甘えてきた青葉に、八つ当たりしてしまう。

 

きめ細やかな心理描写は、4コマ漫画の基準を飛び越えている。

 

 

 

 

本作は巻を重ねるごとに「オチ」が減ってゆく。

ねねっちなんて、飛んで跳ねてドンガラガッシャンで笑いが取れるキャラだが、

スコープ越しにうみこさんを観察する表情で読者を釣る。

「忠鳥ペン公」など背景にも注力。

 

 

 

 

理想の会社として描かれるイーグルジャンプは離職者が出ないため、

一部のキャラクターが出番で割りを食うはめに。

僕の好きなはじめさんも、そのひとり。

しかし、3コマめのアップで感情をつたえる御家藝に磨きがかかり、

さらにお盆で胸を強調するなどの小技で、ファンにそれほど不満を抱かせない。

 

 

 

 

なめらかなカメラワークで、女子のあんな顔やこんな姿をとらえる。

お猪口に酒をそそぐのを描くのに費やされる3コマめ。

贅沢な時間と空間の演出が、やはり冴え渡っている。






関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  萌え4コマ  きらら系コミック 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03