茜田千『さらば、佳き日』

 

 

さらば、佳き日

 

作者:茜田千

掲載誌:『COMIC it』(KADOKAWA)2015年-

単行本:it COMICS

[ためし読みはこちら

 

 

 

引っ越して早々、「広瀬晃」は近所の人に嘘をついた。

彼女と同居人は新婚夫婦でなく、兄妹だから。

 

 

 

 

部屋にはいってすぐ、たかぶった兄の「桂一」が体をもとめる。

適当にあしらう晃。

ふたりは性的関係をもっていると匂わせるが、はっきりしない。

 

 

 

 

晃の仕事は保育士。

よく気がつき、子供に慕われている。

 

 

 

 

ふたりで料理する、印象的な場面。

タマネギのためゴーグルをかけた桂一が、「やっぱり子供ほしいか?」と尋ねる。

子供をつくれない兄妹同士の関係をおわらせたいのか、

それとも兄妹でもいいから子供をつくろうとゆう提案なのか、

晃のぼんやりした反応からは読み取れない。

サスペンス性のつよい物語だ。

 

 

 

 

2話から兄妹の生い立ちが語られる。

風邪で寝こんだ桂一のため、雪のなか一人で買い物に出かけたり。

晃はごく幼いころから、お兄ちゃんっ子だった。

 

 

 

 

桂一が自宅に女友達を連れてきたとき、呆然とした。

読者は晃の心理に同調しながら、兄妹の秘密を追いかける。

 

 

 

 

童顔で、ボーイッシュで、しっかり者で、女子力が高く、

母親の様で、いくつになっても思春期の少女の様に不安定で、そして妹。

ありったけのペルソナをかぶる、謎めいたヒロインだ。

 

 

 

 

以上の複雑な事情にくわえ、本作は群像劇の側面もあり、

やや詰め込みすぎのストーリーなのは否めない。

ただ作者にとってはまだ2冊めの単行本だし、長い目で見守りたい。

 

こんがらがった内面をもつ主人公の目にうつる風景は、類のないものだから。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03