桜乃みか『神えしにっし』

 

 

神えしにっし

 

作者:桜乃みか

掲載サイト:『少年ジャンプ+』(集英社)2015年-

単行本:ジャンプ・コミックス

 

 

 

「橘ことえ」は田舎住まいの18歳。

オタクの趣味はないけれど絵が得意で、

兄「さとし」に命じられるままpixivに萌え絵を投下している。

評判は上々だ。

 

 

 

 

兄が村に同ジャンルの絵師をみつけた。

パチンコ店員で42歳の「ゴローさん」。

仕方なく友達になる。

この村に話題の合う相手がいただけで奇跡だから。

 

 

 

 

積極的に家の手伝いをすることえはともかく、

ただのニートのくせ大言壮語するさとしは白眼視されている。

父親とは喧嘩ばかり。

 

秋元康の下積み時代がどうとか、気の利いた会話がいい。

僕もちょっと「女子を見る目に自信がある」と思ってるから、身につまされたり。

 

 

 

 

味方は祖母しかいない。

生き馬の目を抜くオタク業界へ打って出るには、たよりない後援者だ。

 

だれでも「クリエイター」になれそうな幻想を与える現代の、

現実の壁のぶあつさを容赦なく描く。

 

 

 

 

女子のネットワークが、ガラパゴス化した日本に波乱をおこす。

絵師仲間のミユユは、わざわざ「大都会埼玉」からライバルを潰しに来た。

こいつは相当なへそ曲がりで印象ぶかい。

 

 

 

 

歌手の道をあきらめた友人に、「歌い手」として動画配信をすすめ、

ことえ自身はイラストを提供する6・7話も魅力的なエピソード。

 

不器用な妹のやさしさが、ひとびとの夢を大きく育てる。

 

 

 

 

本作は、イラスト文化やインターネットを題材にしたコメディだが、

「青春もの」、そして「兄妹もの」としても楽しめる佳作だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03