木野咲カズラ『星屑ネバーランドガーデン』

 

 

星屑ネバーランドガーデン

 

作者:木野咲カズラ

掲載誌:『@vitamin』(KADOKAWA)2015年-

単行本:電撃コミックスNEXT

[ためし読みはこちら

 

 

 

みんな大好き、女子寮ものである。

朝から晩までオンナノコが埋め尽くす空間。

 

第1巻で登場する寮生は6人。

スポーツ少女、生徒会長、同人作家、声楽家の卵、天然キャラ、

世話焼きなお母さんキャラ、見栄っ張り、明るい人気者、無口。

属性の数が合わないのは、女子は複数の顔を持つものだから。

 

 

 

 

女子寮ものの定番、お風呂シーン。

秘密の花園と聞いて、だれが覗かずにいられよう。

 

主人公「音瀬川弓月」は、藝能人を両親にもつ境遇を羨まれてきたが、

才能に恵まれず地味な自分とのギャップに苦しんでいる。

そんな浮世のしがらみを洗い流し、裸一貫でリスタートする寮生活。

 

 

 

 

バレー部のエースで、スポーツ特待生の「森宮たまき」。

料理上手で性格もやさしく、寮ではみんなのお母さん的存在。

 

サイズも弾力性もバレーボール級のおっぱいがすばらしい。

 

 

 

 

コートに立つと人格が変わり鬼となる。

その実力はプロ入りも確実と言われるほど。

ちなみにこちらの絵は脚線美を強調。

 

そして、たまきは「料理人になりたい」とゆう夢と、

スポーツ選手としてのキャリアに引き裂かれ、悩んでいる。

本作の女子はみな二面性があり、葛藤する。

 

 

 

 

生徒会長の「羽崎セルマ」は、全校の憧憬をあつめるクールビューティ。

エーデルワイスの様な高嶺の花と称される。

本作はジャンルとしては広義の百合に属すが、一輪ごとに色や香はさまざま。

 

 

 

 

花の色も、それぞれ陰影に富む。

「高嶺の花」でいるための懸命な努力は、ある意味滑稽だが、

思春期らしい一途に愛をもとめる動機が描かれ、泣かせる。

 

可愛らしい絵柄ゆえ侮られそうだが、エピソードは粒ぞろい。

特に3年生組の4・5話がいい。

 

 

 

 

これが初単行本となる木野咲カズラの腕前は、華道の家元の様だ。

無造作に二輪の花を生けるだけで、自然美があたりを満たす。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03