ウルリケ・ヘルマン『資本の世界史』

『ハロー!! きんいろモザイク』(テレビアニメ/2015年)OP

 

 

資本の世界史 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか

 

著者:ウルリケ・ヘルマン

訳者:猪股和夫

発行:太田出版 2015年

原書発行:2013年

 

 

 

なぜあれほど豊かだった中国やローマでなく、

1760年以降のイングランドで資本主義が勃興したのか。

答は、「労働者の賃金がほかの地域の2倍だったから」。

雇用者は、人間を機械で代用して利益をあげようとする。

結果として爆発的に生産性が高まった。

また、下層階級が食料品以外のものを買うのも可能だった。

 

トマ・ピケティ『21世紀の資本』が流行したせいか、

「資本主義=不平等」的な忌まわしいイメージがつきまとっているが、

平等指向が資本主義本来の姿とも言える。

 

 

『干物妹!うまるちゃん』(テレビアニメ/2015年)

 

 

資本主義の脆弱性は、金融危機が相次ぐ19世紀にはやくも判明した。

国家による援助があってはじめて、資本主義は成功できる。

特に金融市場は、買い支えや調整措置など、国家の介入がないと存続不可能。

 

競争的な市場経済なんて、自営業者のあいだにしか存在しない。

大企業が「競争」を口にするのは、それが宗教原理だから。

 

 

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』(日本映画/2014年)

 

 

ドイツの経済ジャーナリストがものした本書は、

資本主義とゆうピースを大きな歴史のなかにピッタリと嵌め込み、

現在と未来について読者に絵解きしてくれる。

 

たとえば現代のグローバリゼーションの年齢は160歳で、ちっとも新しくない。

科学技術は、インターネットでさえ、資本主義のルールを一切変えなかった。

通信が高速化しただけで、送り手と受け手の構造はおなじ。

 

世界でも指折りの豊かな工業国であるイタリアを、ユーロ危機にかこつけ、

まるで貧しい発展途上国であるかの様に語るのは笑止千万。

発券銀行に国債をどしどし買わせるべし。

アイルランドの成功例が参考になるだろう。






関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03