伊藤いづも『まちカドまぞく』

 

まちカドまぞく

 

作者:伊藤いづも

掲載誌:『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)2014年-

単行本:まんがタイムKRコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

15歳の「吉田優子」が悪夢から覚めると、ツノと尻尾が生えていた。

なにごともなかった様に登校するが、友人に指摘される。

やっぱりみんな気にするんだ。

 

 

 

 

頭が重くなったため、転んでトラックに轢かれそうに。

突如あらわれた魔法少女が左手一本でとめる。

6年前に世界を救ったとゆう噂の「千代田桃」は、おなじ高校へ通っていた。

 

 

 

 

ツノの生えた「シャドウミストレス優子」、通称「シャミ子」は闇の一族の末裔で、

数千年の長きにわたり、光の一族との戦いをくりひろげてきた。

桃は命の恩人だが、彼女が魔法少女である以上、斃さねばならない。

しかしスペックの違いを痛感し、とりあえず最終決戦は延期。

 

 

 

 

すべての元兇である御先祖様と対面。

子孫を叱る姿はおそろしいが、炭酸飲料が飲めないなどの弱点も。

カエルの先祖はカエルだった。

 

 

 

 

「かわいい魔族vs魔法少女」の本筋だけでもキャッチーだが、

そこに祖先崇拝をからめ「家族の物語」としても仕立てる。

一族にかけられた呪いのせいで、4人家族は月4万円で生活している。

娘を支援しようと、母は趣味の懸賞応募をやめると決意。

 

お母さんがカワイイ漫画に駄作なし。

 

 

 

 

家計の助けになればとアルバイトをはじめる。

初給料で妹の「良子」にプレゼントを贈ろうとするが、

遠慮ぶかい妹が希望するのは、姉の戦いに役立ちそうなグッズばかり。

兵法書に孫子でなく六韜三略を選ぶのが渋い。

 

 

 

 

本当に欲しいのはUSBトイカメラだった。

税込2138円を奮発した姉の優しさに涙をこぼす。

無理してるのは尻尾の萎れ具合でわかるから。

 

絵もセリフもやや情報量が過剰な漫画だが、すくなくともこの場面は、

魔族としてのギミックと家族愛が融合しており秀逸。

妹がカワイイ漫画に駄作なし!






関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   萌え4コマ  きらら系コミック  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03