佐々木ミノル『中卒労働者から始める高校生活』5巻 陰影

 

 

中卒労働者から始める高校生活

 

作者:佐々木ミノル

掲載誌:『コミックヘヴン』(日本文芸社)2012年-

単行本:ニチブンコミックス

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻/3巻/4巻

 

 

 

1巻は6刷、2巻は4刷、3巻は3刷!

ここまで具体的に増刷回数を誇る単行本帯はめづらしい。

『中卒』を無視して10年代の漫画は語れない、と言える存在感。

 

 

 

 

前巻からつづく文化祭が終了、たのしい打ち上げがはじまる。

通信制高校だからお酒を飲む者もいて、宴はたけなわに。

若葉と真実のあいだの焼けぼっくいに火がついたり。

 

 

 

 

子持ちの若葉は本作ならではのJKで、作者の感情も乗っている。

いい感じになったのに突き放す心理をありのまま描く。

母としての倫理、マコトの恋人への遠慮、軽く見られたくない自尊心……。

複雑だ。

 

 

 

 

未成年の莉央も飲んでいた。

予想にたがわず酒に弱く、より一層めんどくさい女に。

「好きって言え」「あれはノーカウント」「私の気持ちは態度から察しろ」

 

 

 

 

アルコールは彼女を素直にもさせた。

「いったよ」じゃなくて「ゆったよ」なのが可愛い。

 

 

 

 

だが本作は、青春の光より影を強調。

2巻でおきた事件について母に謝罪されるが、

娘は冷たい視線を投げるだけで、一言も発しない。

 

肉親に対しあんまりな態度ではあるが、

思春期の娘が一度閉ざした心をふたたび開くのは稀で、リアルだ。

 

 

 

 

ついにマコトの父が登場。

くわしく語られないので想像すると、罪を犯し収監されていたが、

出所から2年経ってひょっこり顔を出した様だ。

妹を養うため辛酸を嘗めている息子の職場へ。

 

 

 

 

片桐父子の再会は、陰影に富む名場面となった。

 

浮き沈みを丁寧に追う心理描写が本作の特徴だが、

おそらく真実と真彩の父は、生まれつき他者への共感能力をもたない。

兄妹の心などなんの自覚もなく踏みにじる。

でも若者の人生なんて、そんなものかもしれない。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03