渡邉ポポ『ふらら一人でできませんっ』

 

 

ふらら一人でできませんっ

 

作者:渡邉ポポ

掲載誌:『コミックハイ!』『月刊アクション』『漫画アクション』(双葉社)2015年-

単行本:アクションコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

なんでもひとりで出来る女は、可愛気がない。

ちょっと甘えん坊な方が魅力的。

他力本願を、知的障碍を疑われるレベルまで推し進めたのが、

本作のヒロイン「甘宮ふらら」である。

 

幼なじみ「琴平錦」との待ち合わせに母親同伴。

高校入学初日から手を焼かせる。

 

 

 

 

毎話ふららちゃんはミッションに挑む。

記念すべき第1話は「コンビニのトイレを借りる」。

僕も抵抗を感じるので絶対つかわない。

 

 

 

 

独り立ちを促したい錦は傍観する。

店員の前で硬直したふららの腿を、一筋の水滴がつたう。

本人は汗と言い張るが。

 

コンビニの棚やスカートのプリーツなど、『よつばと!』なみに細密な描写が、

ちょっと極端な物語のリアリティを確保。

 

 

 

 

ふららちゃんは一言も発しない。

他者の話は理解できるし、LINEなどのテキスト交換はできるけど。

かわりに本作は表情が雄辯に語る。

仮病をつかった娘をみる母の虚無感は、ハトポポコの諸作に匹敵。

 

 

 

 

行動力ゼロのヒロインに読者が共感できるのは、彼女が感受性豊かだから。

砂時計の様に液体が落ちる「ドロップモーション」のうつくしさに夢中になったり。

ふららは水滴に縁があるらしい。

 

 

 

 

それは錦が自分の用事をすますための策略だったけど。

「ヒロインの視点で世界を再起動させる」のは『よつばと!』のテーマだが、

意外なギミックでたのしませる本作は、そのアップグレード版。

 

 

 

 

ひとりじゃなんにも出来ないくせに、一丁前に桜を愛でるふらら。

イラッとくるけど、同胞意識も感じる。

四季の美を解する心、それが大和撫子の条件だから。







関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03