中村佑介『みんなのイラスト教室』

 

 

みんなのイラスト教室

 

著者:中村佑介

発行:飛鳥新社 2015年

 

 

 

アジカンや『謎解きはディナーのあとで』などで知られるイラストレーター、

中村佑介がツイッターでおこなっているイラスト講座をまとめた書籍。

 

創作系の授業では「お手本」をしめす必要があるが、

自作ばかり挙げたらナルシストと思われるため、他者の作品もとりあげる。

たとえばWeezer青盤の安定した構図とか。

しかし気前よく手札を晒せば、同業者に研究されるリスクをともなう。

 

 

 

 

ポップアートのロイ・リキテンスタインは、「手間をかけること」の重要さの例として。

洋モノはとりあえず無難な教材だ。

 

 

 

 

鳥山明が手がけたドラクエ4のパッケージをとりあげ、

「色と大きさ」をもちいる視覚のトリックを解説する。

発売当時、著者は12歳。

影響とゆうより、血肉となっている作品だろう。

 

 

 

 

なかでも崇拝するのがビックリマンシールの米澤稔。

わざわざパクリ商品と比較し、単純化された絵における、

人体の構造の理解にもとづく立体的表現について語る。

 

ビックリマンシール収集にハマった小学校時代の情熱が、

現在の中村佑介の画業の骨格をなしている。

 

 

 

 

逆に言うと彼は、すくすくのびのび成長したおぼっちゃま。

父は建築家で母はファッションデザイナー、ふたりとも絵がうまい。

 

ちなみに僕が両親にしてもらってとても嬉しかったことは、

学校で描いた絵が、次の日に額装されて、家の壁に飾られていたことです。

プロの父母からしたら、僕の絵なんて下手っぴだったろうに。

それは「自分もプロになれるかも?」という大きな自信となり、

よりいっそう絵を頑張ることへ繋がりました。

 

ただの親馬鹿エピソードに思えるが、本人にとっては貴重な思い出。

まあ僕は親に褒められた記憶がないから、こんなにヒネくれてしまったのかも。

 

高3のときのデッサンを見せ、「僕に勝てるかな?」とうそぶくイノセンス。

幸福な少年期を送ったからこそ描ける、幸福な世界。

本書を読んでも、あなたは中村佑介になれない。

いまその場で葛藤し、苦悶し、心に立ち籠める暗雲を払わねばならない。

親ではなく、自分の力で。






関連記事

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03