堂本裕貴『りぶねす』3巻 終わらないアスカ時代

 

 

りぶねす

 

作者:堂本裕貴

掲載誌:『マガジンスペシャル』(講談社)2014年-

単行本:講談社コミックス マガジン

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻

 

 

 

表紙を飾った、カスミのまぶしい水着姿。

93センチGカップがゆれる。

いま一番かわいい妹キャラだろう。

 

 

 

 

本作は「ダブルヒロイン」のシステムを採用する。

サッカー界じゃ時代遅れのツートップ戦術に、なぜか固執。

 

ある意味レアな78センチAカップ。

テツのリアクションは真剣そのもの。

本作のウリである巨乳を、貧乳が駆逐する。

 

 

 

 

正ヒロインが文字どおり霞んでしまう。

プカプカと浮かぶしか能のない、ただの乳袋になり果てた。

 

ポストプレイで相棒を活かす役割のエミール・ヘスキーが、

マイケル・オーウェンより自己主張したら、チームバランスは崩壊する。

サポーターとしては心配せざるをえない。

 

 

 

 

1巻はひたすらカスミをかわいく描き、2巻はライバルにスポットをあてた。

3巻も引き潮のまま、アスカ無双がつづく。

たとえば温泉宿での誘惑。

 

 

 

 

縁日でリンゴ飴を頬ばりながら、思いを吐露する。

しっとりした名場面。

夏のもっともうつくしい記憶としてのこるはず。

 

 

 

 

水着と浴衣ではアスカ圧勝。

最後に下着姿をくらべよう。

G的なアレを発見し、パンツまるだしで全力疾走。

勿論カスミだってかわいい。

 

 

 

 

対するアスカは、雨宿り中の透けブラ。

絶妙なトーンワーク。

最近のリアル女子は夏でもキャミソールを着るが、あれはちょっと野暮かも。

 

3戦全勝、アスカ時代はおわらない。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03