金田陽介『寄宿学校のジュリエット』

 

 

寄宿学校のジュリエット

 

作者:金田陽介

掲載誌:『別冊少年マガジン』(講談社)2015年-

単行本:講談社コミックス マガジン

[ためし読みはこちら

 

 

 

「ジュリエット・ペルシア」と「犬塚露壬雄(ろみお)」が戦う。

寄宿学校の寮同士の抗争だ。

『ロミオとジュリエット』を下敷きとする物語ではあるが、

可憐なヒロインが矢面に立つのが当世風。

 

 

 

 

刃をまじえるうち、犬塚は宿敵に恋してしまう。

不毛な争いを終わらせるため、勇気をふりしぼり告白。

 

 

 

 

恋心は国境や党派をこえる。

ふたりの禁断の関係がはじまった。

 

金髪とか、ブレザーの皺のより方とか、剣の装飾とか、

丁寧な描き込みがラブコメをもりあげる。

 

 

 

 

ロミジュリといえば、バルコニーへの侵入。

本作は「ペルシアの着替えを覗く」とゆう解釈で、世界文学史にケンカを売る。

 

 

 

 

4話から登場する「シャル」は王女さま。

目隠れのショートカット・ティアラ・長身・巨乳……。

いきなり観客の注目を掻っ攫う。

 

 

 

 

シャルはペルシアを好きで、独占しようとする。

ふわふわでサラサラの金髪が画面に舞う華やかさ。

睫毛までうつくしい。

百合の導入によりシェイクスピアをこえた。

 

 

 

 

400年前の戯曲をいま読むと、さすがに古さを感じる。

昔の女は随分と不自由だな、とか。

たとえばもしジュリエットがツンデレキャラなら、もっと魅力的じゃない?






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03