もこやま仁『百合な私と悪魔な彼女(?)』

 

 

百合な私と悪魔な彼女(?)

 

作者:もこやま仁

掲載誌:『ヤングエース』(KADOKAWA)2015年-

単行本:角川コミックス・エース

[ためし読みはこちら

 

 

 

高校1年の転校生「西園寺みこと」のうつくしさは、全校の話題を掻っ攫う。

なかでも驚いたのが同級の「野々山やしろ」。

カノジョとは小学校以来の再会だから。

 

 

 

 

トロいやしろは、いつも男子にいじめられていた。

助けてくれるみことに恋心を抱く様に。

 

「男子=悪魔」とゆう思想が、本作の土台。

 

 

 

 

高校生になってもみことは、かわいくて優しくてカッコイイ。

やしろは求められるまま唇を許す。

男の子は大嫌いだけど、女の子ならあり。

むしろうれしい。

 

 

 

 

でも、カノジョは男だった。

先天的なホルモン分泌の異常で女らしく見えるだけ。

女体化を止めるには、だれかと毎日キスしないといけない。

 

つまり本作は、百合風味の男の娘モノ。

 

 

 

 

やしろは二重に騙された。

相手が女子とおもい安心してたら男子だった。

それ以上に、情熱的なキスが治療目的だったのに傷つく。

 

 

 

 

ここからの心理描写と駆け引きが読みどころ。

いくら騙され、利用されても、惚れた弱みでついつい流される。

嫌々してあげてるつもりなのに、キス顔のまま放置される屈辱とか。

 

作者は少女漫画出身(2007年に講談社『別冊フレンド』でデビュー)で、

純情乙女が恋に惑うラブコメ展開はお手のもの。

 

 

 

 

女心をたやすく手玉に取る、みことの小悪魔ヒロインぶりが印象的。

「男子=悪魔」としたら、最強の小悪魔は「男の娘」にきまってる。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合  男の娘 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03