梅木泰祐『あせびと空世界の冒険者』4巻 バグフィックス

 

 

あせびと空世界の冒険者

 

作者:梅木泰祐

掲載誌:『COMICリュウ』(徳間書店)2014年-

単行本:RYU COMICS

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻/3巻

 

 

 

あせび、ダリア、グラム。

三つ巴の飛空船上の戦いに決着がつく。

 

 

 

 

船壁を突き破り、ダリアが乱入。

自分を痛めつけたグラムを守るあせび。

たとえそれが敵でも、無抵抗の人間への暴力は許さない。

 

 

 

 

ユウとアイコンタクトする表情の切なさ。

視線だけで通じ合う、相思相愛ぶりが妬ましい。

 

 

 

 

「倫理観」発言で、あせびは10年代を代表するヒロインのひとりとなったが、

どうやら作者はふてぶてしいダリアに情が移ったらしい。

 

 

 

 

ふたりはアンドロイド。

あせびは義理がたく、闘うときは専守防衛。

ダリアは自由奔放で、攻撃的。

 

彼女らの性分はプログラムされたもので、衝突するのは宿命。

そしてダリアの内面に、「嫉妬」とゆう一番厄介なバグが発生する。

 

 

 

 

最後まで勝手気儘に、他者を翻弄しつづけるダリア。

涙を風に散らしながら雲のなかへ消える。

 

 

 

 

連載開始前の読み切りと4巻の絵柄はほとんどおなじ。

もともと完成していたのかもしれないが、ちょっと物足りない。

舞台も、戦闘スタイルも、あせびの服装も変化にとぼしい。

どうも梅木泰祐は、ストーリーに集中するタイプの作家らしい。

魅力的な描き手なのに勿体ない。

 

アンドロイドの内面を描き切った次は、「お色直し」に健筆を振るってはいかが?






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03