漫画における日本の神

 

 

売れない声優が評判のアニメを羨む様に、古事記を語る少女。

マイナーな神なので。

ほかに八百万もいるため競争がきびしい。

 

PAPA『ミソニノミコト』(まんがタイムKRコミックス)1巻から。

 

 

 

 

稲荷神社に祀られる「宇迦之御魂(ウカノミタマ)」。

いわゆる「お稲荷さん」。

本当はキツネの神様じゃないが、混同されがちな風潮にあわせケモミミ着用。

トップの地位に居続けるには苦労がおおい。

 

 

 

 

神道の本質は、清潔さ。

塵ひとつない民家の玄関に立つJKと神様のたたずまいに、日本らしさがある。






 

 

 

 

未影『神様生徒会部!』(まんがタイムKRコミックス)も、同じくきらら系の神道もの。

「天津テラス」をなのる天照大御神が生徒会長に立候補、高校を仕切ろうとする。

太陽の神だから、ぱあっと明るい性格。

 

 

 

 

こちらは妹の「月読(ツクヨミ)」。

夜を象徴する神でネクラだが、お姉ちゃん大好きなシスコン少女でもある。

 

僕も小説に書くためすこし調べたが、ツクヨミはよくわからない存在。

アマテラスと対をなすキーパーソンになれるのに、記述がとぼしい。

神道の体系性のなさが如実に表れており残念だけれども、

その分想像の余地があり、実際本作ではツクヨミが一番のお気にいり。

 

神道がユルいのは、21世紀の日本人に萌えを提供するためだったのか?






 

 

 

 

さかもと麻乃『私も世界を終わらせたい』(KC×(ITAN))、完結の第2巻。

6話は、野球少年に恋したヘビ神のエピソード。

この緊張感みなぎる構図!

鬱蒼たる木々の描写は、中山敦支と東西の横綱が張れる。

 

 

 

 

運命を司る天照大神が、ラスボスとして立ち塞がる。

さかもと麻乃はアマテラスを「暗黒の空間」として描写。

あざやかに宙返りをきめるイマジネーション、まさしく天才の霊感だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03