七六『魔法少女ここねはかく語りき』2巻 個性

 

 

魔法少女ここねはかく語りき

 

作者:七六

掲載誌:『月刊ドラゴンエイジ』(KADOKAWA)2014年-

単行本:ドラゴンコミックスエイジ

ためし読み/1巻の記事

 

 

 

「魔法少女×ミリタリー」が特色の本作2巻は、新キャラが活躍してにぎやか。

「あき」も「える」も小学生で、より趣味性が増した。

 

 

 

 

おもに百合方面で。

作者・七六のコロコロした絵柄はこの上なく可愛らしいが、

やや個体差にとぼしいので、おっぱい格差でキャラを立てる。

主人公「ここね」のハイスペックが明らかに。

 

 

 

 

先輩キャラ「智恵」の魔法は、物質の硬度をあやつれる。

ゴムの様な弾力で飛び、やわらかくした壁に貼りつき、

スパイダーマンもかくやの3次元的な立ち回り。

重厚なメカ同士が激突する1巻と趣向をかえた。

 

 

 

 

ライバル魔法少女や、自衛隊の近代兵器に包囲された窮地でも、

女子と仲良くなるチャンスを逃さない、ここねの大物ぶりが見どころ。

 

 

 

 

本巻で見せる立体的なアクションや、図太い外交力のお手本は、

『魔法少女リリカルなのは』だと作者は正直に明かす。

自信のあらわれか。

鬱展開が印象的な1巻からの、「まどマギ→なのは」とゆう推移がおもしろい。

 

 

 

 

僕が1巻刊行時に指摘したのは、やわらかい女の子のカラダと、

硬い人工物が密着するときのマジカルなエロス。

2巻では壁抜けするときの穴が、女性器をかたどる。

 

 

 

 

クリシェを恐れない勇気。

ベタな要素の配合によるリリシズム。

『魔法少女ここね』は、脇目もふらず我が道を爆進する。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03