芥文絵『妹ができました。』

表題作(2012年)

 

 

妹ができました。

 

作者:芥文絵

発行:新書館 2015年

レーベル:ウィングス・コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

百合作品をあつめた短篇集。

シンプルだが、写実的でもある独特の人物描写。

手の込んだ背景も雰囲気がある。

 

 

『卒業の日』(2013年)

 

 

どことなく放心状態の、あっけらかんとした面持ちの女の子が、

フォトリアルな背景の前にたたずむと、詩情がうまれる。

ぴんと張りつめた空気のなかで少女らは愛しあう。

 

 

『そうして私たちは』(2013年)

 

 

ふるびた木造校舎。

小学生にしては落ち着いた色のワンピース。

繊細なタッチで描かれる黒髪。

 

 

 

 

人形を髣髴させるその少女は中学生となり、よりうつくしく成長。

血のかよう有機体だと證明した。

ちょっかいを出す男の先輩を無視するが、幼なじみにだけ笑顔をみせる。

 

 

『私の好きなあの子のこと』(2014年)

 

 

女同士の三角関係。

腕組みして笑顔、バッグに両手を添えて笑顔、視線を逸らす。

その答えは?

 

一対一でさえ女の子はややこしいのに、これはもう解決不能か。

 

 

 

 

以上の様に、芥文絵は「構図」で語りかける作家だ。

セリフやストーリーより、空気感の方が雄辯。

ちょっと気取ったアート寄りの作品とみなすこともできる。

 

ただ、少女漫画の主観性を昇華した、ストロングスタイルの百合を魅せることも。

混じりあう吐息の分子が反応し、激情を炸裂させる。

 

 

単行本総扉

 

 

むくむく盛り上がる雲。

ジャンパースカートの制服。

アイスキャンディ(スイカとソーダ)。

色ちがいの髪留め。

 

描かれてはないけれど、蝉の声や夏の匂いまで感じられる。






関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03