水瀬いのり『Milky Star』 ドラマCD『√HAPPY+SUGAR=IDOL』主題歌

【画像をクリックするとYouTubeに飛びます】

 

 

Milky Star

 

水瀬いのりの楽曲

ドラマCD『√HAPPY+SUGAR=IDOL』主題歌

 

作曲:カヨコ

作詞:分島花音

発表:2015年

 

 

 

8月8日、六本木のニコファーレで催されたニコ生のイベントに、

声優の水瀬いのりがミニハットをつけて登場。

「きょうは……すごい女の子がいっぱいで、幸せです!」

 

 

 

 

いつもと客層が正反対なのは、乙女ゲームのRejetのイベントだから。

観覧者は男性声優目当てに集っている。

アウェー戦と言ってよく、出演者としては守りに入るのがセオリー。

 

 

 

 

「うわぁ、ピンクの色もありがとう……嬉しいです~」

 

30秒ほどの短いMCで煽られる観客。

いのすけは猛烈な頭の回転の速さを感じさせる。

ジュニアアイドルのキャリアで場慣れしてるのもあるか。

 

 

 

 

マスコットキャラの「さとぅ」が闖入。

それでも息の合ったダンスをみせる。

 

「甘い甘いミルキーウェイ 光る恋のスピカ♪」

360度をかこむLEDモニターがキラキラ輝き、まさにそこは乙女の夢の世界。

 

 

 

 

この日彼女は、イベントを掛け持ちしていた。

『Milky Star』はこれが初披露、そもそも楽曲を単体でリリースする予定もなく、

最高のパフォーマンスでなくても辯解可能だが、完璧なそれを見せた。

 

「乙女系」の宇宙での自分の立ち位置を把捉、天体望遠鏡のレンズみたいに、

無色透明で最大公約数的な女の子を演じきっている。

 

 

 

 

アニメとゆう背景を保ちつつ、顔出し仕事も積極的におこなう今の声優は、

「2.5次元」の存在と評されたりする。

なかでも水瀬いのりは、水樹奈々を崇拝し歌手指向が強く、

アイドル・藝能人の定義の更新を迫るミステリアスな人だ。

言うなれば「2.7次元」?

 

私はイベントで皆さんにお会いして楽しい時間を過ごすことも

素敵だし楽しいと思っていますが

やっぱり自分の軸にある第一の希望としては

自分が声を当てたキャラクターや作品をずっと好きでいてもらうこと。

 

だからこれからも*声*でたくさん恩返ししていきますねっ。

 

しかしブログでは「2.3次元」的発言が。

悩ましい。

 

要するに、次元数にこだわる僕の頭が古いんだろう。

西部劇で有名なジョン・ウェインは駆け出しのころ、自分が無能な役者だと悟り、

日常生活の話し方や歩き方までタフガイらしくふるまうことで、

「ジョン・ウェイン」とゆうキャラクターを独力でつくりあげた。

 

現代日本では「水瀬いのり」の神話が、全次元を包摂する勢いで進化している。






関連記事

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03