『干物妹!うまるちゃん』10話 それが世界

 

 

うまると今と昔々

 

テレビアニメ『干物妹!うまるちゃん』第10話

 

出演:田中あいみ 野島健児 安元洋貴 小清水亜美

脚本:杉原研二

絵コンテ:山崎みつえ

演出:野木森達哉

原作:サンカクヘッド(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

監督・絵コンテ:太田雅彦

副監督:大隈孝晴

シリーズ構成:あおしまたかし

キャラクターデザイン:髙野綾

アニメーション制作:動画工房

放送:2015年

 

 

自宅でくつろいでたら、好物のコーラをこぼした。

机の下にはモデムがある。

 

 

 

 

心配したとおり故障してしまう。

対策を講じようにも、ネットにつながらないと手も足も出ない。

 

 

 

 

タブレットもゲーム機もアウト。

うまるの楽しい自宅ライフは、インターネット接続を前提としていた。

 

 

 

 

世界から隔離された様な、この孤独感。

僕も最近あじわったのでわかる。

 

 

 

 

 

兄に小遣いをもらい、はじめて漫画喫茶へゆく。

高速インターネット、漫画読み放題、ドリンク飲み放題。

せまいけど、ほしいものは全部揃ってるから気にならない。

 

はっきり言って自宅より快適、一生ここにいたい!

 

 

 

 

ただ3時間も経つと、なんとなく虚しさが忍び寄る。

おかしいな、いつもと同じことしてるのに、たのしくない。

 

そこで物語は、家族や友人の価値を再認識する人情オチに接続。

 

 

 

 

とはいえアニメ版うまるの魅力は、腕利きのDJの様なミックスの妙。

巧みに原作を切り貼りし、オリジナルを超える解釈をしめす。

 

家族万歳のテーゼを語らせるのが、うまるである必要はない。

UMRには、UMRの哲学があるはず。

「人付き合いとかめんどくさい」のオタク思想と、

「でもやっぱりリアルで誰かとつながりたい」とゆう社会通念の妥協点。

勿論それはゲームセンター。






関連記事

テーマ : 干物妹!うまるちゃん
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03