今井大輔『クロエの流儀』

 

 

クロエの流儀

 

作者:今井大輔

発行:日本文芸社 2015年

レーベル:ニチブンコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

うしろの金髪少女は「クロエ」。

ブアイソだけど、フランス人だから許される。

 

礼儀作法にうるさい彼女は、道端に空き缶を捨てたクソババアを注意。

相手は反省どころか、文句を言って去ろうとする。

 

 

 

 

時代劇で日本語をまなんだクロエは、やたら口調が古めかしい。

あと、曲がったことが大嫌い。

相手が人生の大先輩だろうと、容赦なく斬り捨てる。

 

 

 

 

全20話、毎回8ページで撫で斬りにするスタイルを確立。

サムライの心を忘れた日本人のかわりに「舌刀」を振るう。

 

夜の街とか、闘いの舞台の背景がキマってる。

 

 

 

 

自転車に乗ってるとき職務質問してきた警察官も抜き打ちに。

国家権力は、一般市民に振りかざすべきじゃないと。

抜身の刀の様にまっすぐなリセエンヌ。

 

 

 

 

クロエの父も日本かぶれのフランス人で、ちいさなレストランを営む。

この親子の渡日に至るまでのエピソードも気になるが、

ハードボイルドな漫画なので事情は明かされない。

 

 

 

 

店をてつだう娘が、横柄な客を一刀両断。

「お客様は神様だ」と言われたら、「全知全能なら自分で作れ」と切り返す。

反論できない。

 

クロエはただ上から目線なのではなく、電光石火のエスプリで立ち合う。

だから無敵。

 

 

 

 

高校の先輩に公園へ呼び出され、交際を迫られる。

このナルシスト野郎がどうぶった斬られるのか、気になるでしょう?






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03