小説13 「史上最大の巨人、大和」

『わーるど・うぉー!! かれらの最高のとき』


登場人物・あらすじ・用語集


全篇を縦書きで読む








 黒塗りのリムジン、トヨタ・センチュリーロイヤルが皇居へ向かう。夕闇が迫る沿道に提灯行列が連なる。老若男女が日章旗や旭日旗を振る。鎧袖一触でリバティアとビッグベンを蹴散らす快進撃に、国民は舞い上がっていた。

 後部座席にエイダ・ヒトラーがいる。帰国途中、ヒロヒトを激励に来た。

「すごい人出だな」

「いまナデシコ国民は」東條英機が答える。「大東亜新秩序の建設に燃えています。アイゼンと我が国で、八紘一宇の理想を完成させようではないですか!」

 ふふ、とエイダは鼻先で笑う。泥沼の東部戦線でもがく彼女は、空疎なスローガンが戦場でなんの意味も持たないのを痛感している。

 多忙なヒロヒトは横須賀におり、出迎えに来れなかった。エイダはすこしホッとした。前の別れ際に弾みでキスしてしまい、どうゆう顔をして会えばよいか分からない。防弾ガラスに頭をゴンゴンぶつける。

 どうしてあたいは、いつも後先考えず行動するのか。ヒロのやつ、怒ってるかもしれない。あたいだって、いきなり誰かにキスされたら嫌だもの。うう、気まづい。




 横須賀のマリーネ基地。着物の裾をたくし上げ、ヒロヒトがペガサスの体を洗う。水が嫌いな赤城は、不快げに身じろぎする。たっぷり用意された飼い葉のため我慢している。

「こんにちは、赤城。わたしがママよ♪」

 ヒロヒトは赤城を世話するのが大好きで、いつも鼻歌まじりになる。連戦の疲れも吹き飛ぶ。

 うっとりと純白の翼を撫でながら言う。

「あなたは本当にうつくしいわ。恋人がいなくていいのかしら。ひとりで寂しくない?」

 天馬は不機嫌そうに蹄で地面を掻く。余計なお世話らしい。

「じゃあ、わたしと結婚するのはどう? 天子と天馬、お似合いのカップルじゃない。さすがに子供は作れないだろうけど」

 赤城は大きな舌で飼い主の顔を舐める。唾液まみれになりながらヒロヒトは笑う。

「あはは、赤城はツンデレなのね。まるでエイダちゃんみたい。ああ、早く会いたいなあ!」

 ヒロヒトは赤城の首をきつく抱きしめる。エイダと会うのは「あのとき」以来。なにかが起きそうな予感で胸は張り裂ける寸前。




 空から騒がしい声が聞こえる。見上げるとハーピーの瑞鶴が飛んでいる。姉の翔鶴も後に続く。

「こらヒロヒト、また赤城を贔屓してるな!」

 着地した半人半鳥の女が、翼を広げて怒る。

「そんなことありません。わたしは【マリーネ】のみんなが好きですよ」

「だったらあちきと姉ちゃんにも御褒美くれよ! 囮役の姉ちゃんなんて、ケガばかりで一番損な任務なんだぞ。あちきはそれが不憫で……」

 羽根で目元を隠し泣くフリをする。

「なにが欲しいですか?」

「肉! 叙々苑に行きたい!」

「あなたがたを高級焼肉店に連れてったら、国家財政が傾きそう……ただでさえ逼迫してるのに」

 水を張ったドックで突然、波しぶきが飛ぶ。五階建てのビルほどの人型の頭部が浮かんだ。顔の中央に一つ目がある巨人サイクロプスだ。手に鉄槌を持っている。

 ヒロヒトはこの単眼の巨人をはじめて見た。味方とはいえ恐ろしい。

「あなたが大和ね?」

「そうだべ。史上最大最強の幻獣だべ」

 ミカドは巨人の右手を指差す。「とても大きなハンマーですね。なんでも壊せそう」

「雷も落とせるべ」

 東京湾に数本の稲光が走り、轟音が響く。ヒロヒトは両耳を塞ぐ。赤城が暴れ、瑞鶴と翔鶴は飛んで逃げた。

 大和がドックから上がる。かすかに動くだけで建物は激しく揺れ、和装の天子は柱につかまる。巨人は脛当てと胸当てを装備していた。

「オラは防禦も最強だべ。オラさえいればナデシコは無敵だべ」

 背中と頭部が無防備なのにヒロヒトは気づいた。敵の飛行ユニットに攻撃されたらどうなるのか。

「わたしでさえ」ヒロヒトは巨人を見上げる。「あなたのことを名前しか知らなかった。なぜ諸元を公表しないのかしら。抑止力になるのに」

 大和が嘲笑する。骨まで震動させる音量。

「所詮は人間の浅知恵だべ。オラのことは最高機密にしとくべ」

「でも、それだけ強力なら外交材料になります」

「邀撃作戦が聯合獣隊のドクトリンだべ。リバ公を近くに引きつけ、オラたち巨獣が待ち伏せて叩く。あんな羽根の生えたチビどもは頼りにならないべ」

 遥か上空で瑞鶴が異を唱えている。地上ユニットと飛行ユニットは不仲だ。

 ヒロヒトは腕組みし首を捻る。舵取りがむつかしい。




「うにゃあああああ! よっしゃハイスコア!」

 ゲームセンターにいるエイダは、ガンシューティングのゲームをクリアした。どうしても秋葉原に行きたいと言うのでヒロヒトが連れてきた。

 ミカドは目を瞠る。「初プレイでワンコインクリアってすごい! エイダちゃんって何をやらせても器用ですね」

「ヒロはすぐ死んだなあ」

「わたしはドラクエやFEとかが好きなんです」

 はしゃぐ少女たちを、十名のSPが警護する。ほかの客はあえて天皇に見向きもしない。ヒロヒトは神のごとく敬愛されていた。

 ふたりは仲良くプリクラを撮る。出来上がりを見てエイダが奇声をあげた。

「うわっ、キモッ!」

「自動で目の大きさが補正されるんですよね。エイダちゃんはもともと大きいからバランスが……」

「あのさあ、ナデシコの女子って外見にこだわりすぎじゃない?」

「元がかわいいから言えるんですよ」

「そんなことない。ヒロの方がかわいいよ。最近大人っぽくなったし」

「いやいやいやいや……」

 ヒロヒトは幸福だった。いろいろ悩みはあるけど、すべて忘れられる。この時間が永遠に続いてほしいと願わずにいられない。

 ペンで画面に「I love you.」と書いた。

 エイダが笑う。「あはは、なに書いてんだよ!」

「冗談で書いたんじゃありません。あなたのことが好きです。愛してます」

「え……」

「もう自分の心に留めておけない。エイダちゃん、わたしの恋人になって」




 皇居に戻ったヒロヒトとエイダは、千鳥ヶ淵の堀に沿って歩く。満開の夜桜を眺めながら。

 エイダは多辯になり、真珠湾攻撃の戦術的革新性を褒め称える。

「ヒロはすごいよ。【マリーネ】の使い方を変えた功績で、世界の歴史に残るな」

「あくまで真珠湾攻撃は」ヒロヒトの表情に翳りが。「ガイスト鉱の供給を確実にするための前段階、支作戦にすぎません。本番はこれからです」

 会話が途切れた。エイダは短い金髪をいじる。

 ヒロヒトは足を止め、告白したばかりの相手と向き合う。薄紅色の着物が、宵闇に朧に浮かぶ。

「エイダちゃん。突然あんなことを言って、嫌われても仕方がない。でも無視されるのは耐えられない」

「む、無視なんかしてないよ」

 小柄な天子は胸に手をやる。そこに懐剣を忍ばせている。

「わたしがどんな覚悟で告白したか、あなたは知ってるはず。大和撫子の本気を見くびらないで!」

 強まった風が桜花を散らす。エイダは赤面し、蚊の鳴く様な声でつぶやく。

「あ、あたいは兄者が好きなんだ……ヒロの気持ちは嬉しいけど、はいとは言えないよ……」

「答えてくれてありがとう。これで前向きに日々をすごせます」

 十一歳のヒロヒトにとり、生まれて初めての失恋だった。奥歯を噛みしめ泣くのを堪える。一面に花瓣が散らばる堀の水をじっと見つめる。

「なあ」エイダは気を揉む。「早まった真似はするなよ。ヒロさえよければ、ずっと友達でいてほしいんだ」

 ついに一筋の涙がこぼれた。

「やっぱりエイダちゃんは優しいな。だから大好き。安心して、わたしは自分を粗末にはしません。身も心もあなたのものです」




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03