フクハラマサヤ『水瀬まりんの航海日誌』完結

 

 

水瀬まりんの航海日誌(ログブック)

 

作者:フクハラマサヤ

発行:芳文社 2014-5年

レーベル:まんがタイムKRコミックス

ためし読み/1巻の記事

 

 

 

見習い水兵「まりん」の仕事も、そろそろ板についてきて……ない。

 

ここに引用した部分は、作者の技量をうかがわせる。

駆逐艦の激しい揺れ、クローズアップのかわいさ、脳天気ぶり、体を張ったオチ。

いまどきの萌え4コマのたのしさを凝縮。

 

 

 

 

最終第2巻で印象的なキャラは、潜水艦をあやつる「イーナ」。

艦内に引きこもりっぱなしで、お母さんに心配される。

食事を持ってきても、ちらっと顔をみせるだけ。

 

 

 

 

まりんを乗せて潜行中、巨大イカに襲われる。

絶体絶命ってほどじゃないが、艦長だから最悪の事態を想定してうごく。

かわいい顔して、女子がみな責任感つよいのが本作。

 

 

 

 

艦長「舞」のひととなりも類型的じゃない。

先頭に立ち部下を統率するより、お姫様抱っこされる方が多い。

でもそのやさしさが慕われている。

 

 

 

 

2巻で僕のすきなシーン。

休憩時間、まりんが地球の遊びであるリバーシをおしえる。

勝負そっちのけで、それがふたりだけの時間であることにときめく。

戦いと日常と百合のトライアングル。

 

 

 

 

ストーリー終盤は、陽炎が大和を旗艦とする大艦隊に挑むなど熱い。

昭和っぽい中二病趣味にツッコミもはいるが。

 

大成功した作品ではないにせよ、既視感あるけど新しかったり、

ガチミリタリーだけど殺伐度ゼロだったり、不思議なバランスが印象ぶかい。

 

 

 

 

さざめく波よりキラキラ。

百合のトライアングルのまぶしさが、目に焼きついて離れない。






関連記事

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: きらら系コミック  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03