松井勝法『ハナカク -The Last Girl Standing-』4巻 死闘のあとさき

 

 

ハナカク -The Last Girl Standing-

 

作者:松井勝法

掲載誌:『月刊コミックゼノン』(徳間書店)2013-5年

単行本:ゼノンコミックス

ためし読み/過去の記事→1巻/2巻/3巻

 

 

 

キックで圧倒する「ニナ」に対し、カウンターの隙をうががう「花夏」。

絶望の淵に足をかけてのダンス。

駆け引きがアツい。

 

 

 

 

キックで制空権を握られてもパンチがある。

パンチを見切られても寝技がある。

総合格闘技ならではの総力戦をギュッとつめこんだ名勝負だ。

 

 

 

 

格闘のディテールこそが『ハナカク』の神髄。

おしゃれなニナの露出多めのリングコスチュームが、

試合終盤の汗でバックチョークを滑らせ、命取りに。

 

 

 

 

ゴングが鳴ったあと、試合前の事情があかされる。

強さに裏打ちされた傲慢さが、勝敗を運命づけていたことなど。

 

松井勝法は、ツインテ少女を肯定も否定もしない。

とにかくいい顔をしている。

 

 

 

 

客がはけた会場で、花夏の同級生ふたりは席を立たずにたたずむ。

たとえ拳を交えなくても、いい顔してる。

 

僕は格闘技にくわしくないけど、サッカーの試合後に似た感覚を味わったことが。

 

 

 

 

花夏とコハの友情も、本作の得意技。

ニナ戦後に進展をみせ、いよいよガチ百合かとおもわせる。

 

 

 

 

勿論『ハナカク』のガチ百合は、ベッドでなくリングで催される。

 

作者のツイッターでの発言によると、本作は掲載誌をかえ続行するらしい。

ときに匂いやかに咲き誇り、ときにはかなく散る、

色とりどりの名花が、また鮮烈な表情をみせてくれるのだろう。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03