たかみち『百万畳ラビリンス』

 

 

百万畳ラビリンス

 

作者:たかみち

発行:少年画報社 2015年

レーベル:YKコミックス

ためし読み/過去の記事→『ゆるゆる』1巻/2巻/3巻/『りとうのうみ』/『LOVE WORKS』/『SUMMER WORKS』/『果てしなく青い、この空の下で…。』

 

 

 

たかみちが、弐瓶勉になってしまった。

そびえ立つ白黒のメガストラクチャーが、読むものを圧迫。

水辺を跳ねまわる無邪気な少女もいない。

 

作者はあとがきで言う、「もっとも自分らしい作品になった」と。

ちょちょちょ、待ってくれ。

あの美しい「たかみちブルー」は、あなたらしさじゃなかったの?

 

 

 

 

「礼香」と「庸子」は女子大生で、ゲーム会社でデバッグのバイトをしている。

黙々と開発中のゲームをプレイし、不具合をみつける仕事。

 

 

 

 

妄想か、それとも現実世界におきた異変か。

いつのまに紛れこんだ迷宮での脱出ゲームがはじまる。

 

長髪の礼香は夏服が似合う、超俗的なたかみちヒロインの典型だが、

記号的に誇張されたブサイクの庸子が、全篇にわたり画面を占める。

いつもの様に可愛さをもとめる読者はつらい。

天使と戯れた楽園からの追放。

 

 

 

 

たかみちと言えば「水」。

癒やしと透明感と輝きと女性性の象徴だった。

本作では、わざと蛇口を便器の隣に置いたり。

 

乙女が湯浴みする水も、トイレで流れる水も、

おなじ物質だろうと言いたげな、ファンにとって残酷な仕打ち。

 

 

 

 

観察力と発想力で「クリエイター」の裏をかき、

ラビリンスの突破口をひらく礼香のゲーム脳がよみどころ。

「ちゃぶ台砲」のひらめきに唸らされた。

 

理知的な物語であり、壮大かつ緻密な構成ゆえSF漫画に分類されるだろう。

もともと、たかみち作品は推理モノの要素が色濃い。

宇宙をつかさどるほどの礼香の知性は、『ゆるゆる』の「ユキ」さながら。

 

 

 

 

ここに描かれているのは、黒幕としての女子。

ユキがハルカの制服を直してあげた様に、

きょうも世界は一見つつましい女が、背後で糸をあやつる。

 

おのれの藝風を封印した縛りプレイのせいで、

かえってたかみち女子は抽象性がまし、印象がより鮮烈に。

『スプラトゥーン』のイカみたいなもの。

きっと必然なのだろうけど、それでも彼女らは一種の奇跡にみえる。

 

 

 

 

背景に溶けてゆくヒロイン。

『コミックLO』の表紙と同様に。

 

弐瓶勉『BLAME!』や士郎正宗『攻殻機動隊』への返答でもある本作は、

それらに特徴的な憂鬱さや殺伐さと縁のない、異色の時空を垣間みせる。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: たかみち 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03