八十八良『不死の猟犬』3巻 白雪姫の中出しセックス

 

 

不死(しなず)の猟犬

 

作者:八十八良

掲載誌:『ハルタ』(エンターブレイン/KADOKAWA)2013年-

単行本:ビームコミックス

ためし読み/過去の記事→1巻/2巻

 

 

 

その少女「白雪姫」は、39人殺したテロリスト。

セックスで病気をばらまく。

ふしだらで、ナルシストで、ボクっ娘で、純粋に愛をもとめて……。

髪留めとジャージに十字をあしらい、ヘッドフォンはチョーカーの役をはたす。

キャッチーだけど底がしれない造形の妙。

 

 

 

 

夜の公園でナンパされる。

用事はあるけど、せっかくだから相手することに。

朝まで僕を愛してくれるなら。

ただし愛のないセックスは嫌いだから、順番にひとりづつね。

 

 

 

 

白雪姫はおもにネトゲを通じターゲットをみつくろう。

ツイッターの流行語「オタサーの姫」に影響されたらしいキャラだ。

ネットの流行とおなじく姫も、無目的に刹那的に頽廃的にふるまう。

 

 

 

 

こちらは3巻の名場面、「姫の中出しセックス」。

男もすなる中出しといふものを、女もしてみむとてするなり。

 

 

 

 

「愛してる 愛してる 愛してるぞぉ!!」

 

まるで男みたく、空虚な愛を叫びながらイク。

紀貫之的にこんがらがるボクっ娘のエロス。

 

 

 

 

2巻の記事で「『不死の猟犬』は本質的にラブコメ漫画だ」と書いたが、

残念ながら僕はピントをはづしてた様だ。

おそらく本作は、なにものでもない。

 

 

20話扉

 

 

「ゾンビが普通で、寿命のある人間の方が異常」とゆうアイデアひとつで、

みじかいダッシュをくりかえす、作者の瞬発力をみせつける作品らしい。

 

読者は毎話、扉絵の空気感にもっていかれ、訳もわからないまま終わる。

 

 

18話扉

 

 

それはそれで、アリだとおもう。

愛おしいとおもう。

だって事前にシナリオを用意したセックスなんて最悪でしょう。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03