鈴木マナツ/岡田麿里『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』完結

 

 

selector infected WIXOSS -peeping analyze-

 

作画:鈴木マナツ

原作:LRIG

ストーリー原案:岡田麿里

掲載誌:『ウルトラジャンプ』(集英社)2014年-

単行本:ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ

ためし読み/当ブログの記事→1巻/『阿部くんの七日間戦線』1巻/2巻

 

 

 

ウィクロスのスピンオフが2巻で完結。

少女らはカードで戦い、笑顔で裏切り、復讐で傷ついてゆく。

 

 

 

 

物語とゆう名の螺旋階段が、ドリルの様に心を穿孔する。

そこは暗くて冷たい。

 

 

 

 

カードに閉じこめられた、呪われた存在に身を落としても、

少女らは少女でありつづける。

嘘、後悔、不安定な心、はかない夢。

 

 

 

 

カードゲーム特有の華やかでドラマティックな道具立てを、

鈴木マナツは非の打ちどこころなく視覚化した。

作家としておおきく「グロウ」したのは明々白々。

 

 

 

 

だがマナツファンは、マナツらしさに注目する。

第一に女の子のスタイル。

ことさら肉感的でも、露出過多でもないが、やたらなまめかしい。

 

 

 

 

トレードマークはX脚ぎみの足。

たとえ季節が冬で厚着してても女らしく、しとやかなシルエット。

 

 

 

 

鈴木マナツの作風は、いわば「遅れてきたゼロ年代作家」。

いい意味で外連味がある。

「がんばるぞい」的な軽さより、「残酷な天使のテーゼ」的な重さを好む。

ところが10年代の最強武器「百合」まで手に入れ、もはや別格の存在に。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 鈴木マナツ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03