清水茜『はたらく細胞』 ノブヨシ侍『とりきっさ!』 擬人化とは

 

 

細胞擬人化マンガ、清水茜『はたらく細胞』(シリウスKC)のヒロインは、

酸素や二酸化炭素をはこぶのが仕事の「赤血球さん」。

ショートカットにショートパンツで、いかにも働き者にみえる。

すらりとのびた足もすてき。

 

「擬人化もの」の鍵であるキャラデザが成功している。

 

 

 

 

血管の傷口をふさぐ「血小板ちゃん」はロリ軍団としてえがく。

外見に個体差があるあたり藝がこまかい。

 

 

 

 

ただ帽子に名前を書くのは感心しない。

ヴィジュアル部分で文字情報にたよるのは興醒め。

擬人化した意味がないのでは?

 

 

 

 

それでも本作が非凡なのは、カラーページでの赤血球さんのたたずまいゆえ。

活発そうな赤毛やオレンジの瞳、おしゃれなスニーカー。

読むものに元気をわけあたえる熱血ヒロインだ。





 

 

 

 

 

ノブヨシ侍『とりきっさ!』(リュウコミックス・スペシャル)は、4コマ作品。

さえないサラリーマンが森で、かわいい鳥人間にであう。

 

 

 

 

追いかけた先にあったのは、トリビトの姉妹がいとなむ喫茶店「とりきっさ」。

疲れた都会人に癒やしを提供する、はやりのアニマルカフェだ。

 

 

 

 

本作の「リンとスズ」は、正確に言うと擬人化でなく半鳥半人。

せまい店内でもひらりと飛んで、癒しの空間に笑いと驚きをもたらす。

 

手をかえ品をかえての新メニューで、「人間」の定義をひろげながら、

作家たちは型にはまらない「キャラクター」をうみだしてゆく。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  萌え4コマ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03