あずま京太郎/日向寺明徳『サクラブリゲイド』3巻 戦場に咲く花

 

 

サクラブリゲイド

 

作画:あずま京太郎

原作:日向寺明徳

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2014年-

単行本:シリウスKC

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻

 

 

 

あずま京太郎の画力は、もっと評価されるべき。

巨大ロボット同士がぶつかる戦場の空気。

狙撃が重きをなす戦術の表現。

そして女子。

最高の描き手のひとりと認めたい。

 

 

 

 

3巻は中国軍のヘビ娘、「梁美帆(リャン・メイファン)」との激闘がみどころ。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

「天帝サマの言うとおり」でターゲットをえらぶデタラメさが、チャイナ的。

 

 

 

 

バトルのあいまに幼少期の記憶が挿入され、キャラを掘り下げる。

児童売春を匂わせる鬱展開だ。

 

ルーキーコンビによる本作は、3巻にいたり深みと密度が増し、

新兵どころか佐官クラスの貫禄をただよわす。

 

 

 

 

だが『サクラブリゲイド』の本領は、「ロボットSFとラブコメの融合」にある。

特に目新しさはなく、10年代のメインストリームとすら言えるが、

その融け合いっぷりが尋常じゃない。

 

支那の巨龍に蹂躙され、全滅しかけたその刹那、梓のお腹が鳴る。

「食慾」をヒントにした着想で突破口をひらく。

 

 

 

 

本巻では、僚機を遠隔操作する「アンザイレン(命綱)」機能が解放される。

瞳の光が2進法の数列と化し、天才的な処理能力を表現。

 

 

 

 

ひとりで3機あやつれば、神経を通じ激烈な負荷がかかる。

息もできないほどの苦痛を官能的にえがく。

 

弐瓶勉をこえたと思えるページもいくつか。

 

 

 

 

戦いが終わっては、両手に花の添い寝イベント。

これでもかと読者のニーズに応えつつ、さらなるドキドキを供給する傑作だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 近未来 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイヴ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03