高橋哲哉『ドキドキしすたー♡葵ちゃん』

 

 

ドキドキしすたー♡葵ちゃん

 

作者:高橋哲哉

掲載誌:『電撃萌王』(アスキー・メディアワークス/KADOKAWA)2014年-

単行本:電撃コミックスNEXT

[ためし読みはこちら

 

 

 

お兄ちゃんだいすきな中学1年の「小日向葵」を愛でる妹モノ。

嫁の様に、妻の様に、かいがいしく尽くす。

右下のコマの満面の笑みに癒される。

 

 

 

 

パパとママはいつもお仕事で家にあまりいないそうで、

邪魔するものない日常のなか、兄妹はますます親密に。

 

風邪をひいた兄を看病するシーンでは、

腕にかかるツインテのつややかな一房に見惚れる。

本作は髪の描写がなまめかしい。

 

 

 

 

絵心ない僕が指摘するのもなんだが、デッサンが不安定とゆうか、

体型のバランスがよろしくない構図が散見される。

でもプリプリのお尻は、暴力的なまでの可愛さ。

 

 

 

 

たとえば水瀬るるう『大家さんは思春期!』もそうだが、

中学1年女子だけが発する可憐さってのがある。

まだあどけない一方で、十分うけいれ可能にもみえる。

 

本作に中二病的な小難しさは皆無。

がんばるぞいとか紐とか、ツイッターで拡散されそうなフックもない。

音楽でゆうならシンプルなパンクロック。

 

 

 

 

水着回のたのしさも尋常ではない。

葵をおそう「ハプニング」はお約束で、そこがいい。

ある種の伝統藝能とみなしうる。

 

 

 

 

作者は、ゼロ年代に「高橋てつや」名義で、

『ペンギン娘』や同人サークル「モエモエカフェ」などで一世を風靡した、

いわゆる「萌え文化」のオリジネイターのひとり。

 

お風呂回の、兄の方がセックスを意識してないことによる諧謔は、

ラモーンズに匹敵する様式美。

 

 

 

 

敏感な葵は、お兄ちゃんに耳かきしてもらい絶頂に達する。

ちなみに実際は着衣。

 

思想がなく、リアリティがなく、現代性や社会性もない。

特に自己言及がおそろしいほどない。

ないないづくしだが、それでもひたすら可愛い妹を愛でたいとゆう、

歯止めのきかない熱情が網膜ごと読者を貫通する、まさに電撃的な会心作だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイヴ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03