缶乃『あの娘にキスと白百合を』3巻

 

 

あの娘にキスと白百合を

 

作者:缶乃

掲載誌:『コミックアライブ』(メディアファクトリー/KADOKAWA)2014年-

単行本:MFコミックス アライブシリーズ

ためし読み/以前の記事→1巻/2巻/『サイダーと泣き虫。』

 

 

 

園芸部部長の「雪奈」が、副部長の「十和子」をグーで殴る。

百合漫画で相方にグーパンなんて見たことない。

絶頂へむかいたかまるコーラス。

 

 

 

 

準オムニバス形式の本作は、そろそろネタ切れになっておかしくないが、

第1話で印象ぶかかったバラ園を世話する園芸部が、満を持して登場。

花を愛でる少女は正義。

 

 

 

 

メインカップルの「白峰さんと黒沢さん」の出番もおおく、一貫性を維持。

 

缶乃の特徴は「目の表情づけ」だろうか。

きわめて古典的なスタイルの漫画家だ。

眼差しひとつが、すべてをものがたる。

 

 

 

 

描き手の自信が、紙面にみなぎっている。

「かわいい女の子をみたければ、私の漫画を読めばいい」と言わんばかりの。

ゆれる乙女心の描写の最高峰は、たぶん本作にある。

 

 

 

 

百合のマエストロである缶乃の作風は、

どちらかとゆうとサスペンスフルで、摩擦や軋轢をこのんで描く。

 

バラ園に情熱をそそぐ雪奈の崇高なたたずまいの陰で、

十和子の「愛ゆえの裏切り」が進行。

 

 

 

 

おのれの全存在を否定される様な仕打ちをうけた雪奈は、

生徒総会に出席できず、体育館の外でぽつんと座る。

閉会後、渡り廊下をあるく十和子と目があった。

 

建築物をいかした構図、イスなど小道具のつかいかた、一瞬の表情。

漫画の演劇的なポテンシャルを、だれが缶乃以上に発揮できるのか。

 

 

 

 

作者の十八番、見開きでのキスシーン。

斜陽さしこむ廊下のものさびしさ。

水道設備が園芸少女をシンボリックに、かつエロティックに演出。

 

憎しみとゆう裏地をかさねられた愛が、完璧なシルエットをみせている。






関連記事

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03