堂本裕貴『りぶねす』2巻 無敵の西条飛鳥

 

 

りぶねす

 

作者:堂本裕貴

掲載誌:『マガジンスペシャル』(講談社)2014年-

単行本:講談社コミックス マガジン

ためし読み/1巻の記事]

 

 

 

発情する兄におびえ隣家へ駆けこんだカスミ。

アスカはベランダを飛び移り、幼なじみのテツに制裁をくわえにゆく。

 

ぴょんぴょんと身軽なフットワーク。

アスカの果敢なアクションで、第2巻の幕はあがった。

 

 

 

 

目玉はアスカとの水族館デート。

漫画で表現された少女の可憐さの極北ともいえる、

「妹ものの決定版」の1巻から、ぐいと「王道ラブコメ」へ舵をきった。

 

男まさりの剣道少女のくせ、いつになく女らしいワンピース姿。

前結びにしたシャツはスポーティで、個性をひきたてる。

 

 

 

 

本作において、妹カスミは色慾の対象にならない。

ひとつ屋根の下に暮らしてるから、おめかしに感動することもない。

幼なじみにはかなわない。

 

 

 

 

全世界待望の温泉回では、カスミの豊満なカラダを思う存分たのしめる。

でも水族館デートの印象が鮮烈すぎ、イマイチたかぶらない。

よくできたフィギュアだなと原型師の腕に舌をまくが、それ以上感情移入できない。

 

 

 

 

念願の添い寝イベント。

ホラー映画をみせるなどの戦略が奏功。

 

 

 

 

ただ隣からアスカがみていた。

軽蔑の眼差しで。

もはや「本妻」の余裕すらただよわす。

 

 

 

 

天使すぎる妹は、このまま空の彼方へ飛んでってしまうのか。

妹愛好家の僕は、幼なじみキャラのあまりの吸引力に困惑した。

イルカだって、キスしたくなるくらいだもの。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:  
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイヴ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03