我孫子祐『東のくるめと隣のめぐる』2巻 虚々実々

 

 

東のくるめと隣のめぐる

 

作者:我孫子祐

掲載サイト:『ComicWalker』(KADOKAWA)2014年-

単行本:角川コミックス・エース

1巻/同作者の『スライムさんと勇者研究部』1巻/2巻/3巻/4巻/『アンズー』

 

 

 

TSUTAYA東久留米駅北口店だろうか。

御当地もの要素と、女子のかざらないファッションとゆう、

本作の特色をワンペアそろえた魅力的な扉絵。

 

塚原さんのロールトップのブーツがかわいい。

妹のくるりちゃんはガチャをあけるのに苦戦中。

何がはいってるか気になる。

 

 

 

 

かつてオトコオンナだったのに、お嬢さまに変貌した「翼」が2巻の中心。

塚原さんの愛猫アフロに海苔をあたえる。

 

ペットの好物まで知ってることで、親密さがつたわるいいシーンだが、

黒いものが黒いものを食べる絵のつたわりづらさに困惑。

 

 

 

 

我孫子祐の作品は分類がむつかしい。

いや、ことさらに新奇だったりシュールだったり淡白だったりしないし、

本作も三角関係ラブコメとか、むしろ古典的ジャンルへ寄せてるけど。

 

 

逆だし

 

 

しかしババア軍団から「ドリカム状態」とからかわれ、腰砕けに。

たとえるなら亜脱臼的な外しかた。

 

 

 

 

女子3人のゆるゆるトークのたのしさは、『スライムさん』以来のお家藝。

ただ12話は、ハロウィーン衣装でババ抜きしながらなのがミソ。

「ゲーム」が進行してゆくのが感じられスリリングだ。

 

 

 

 

15.5話は4コマに挑戦。

冒頭の扉絵みたいな、大ゴマの説得力が作者の強みと思ってたので意外だ。

笑顔にグッと迫るカメラワークはさすがだけど。

 

 

 

 

本巻唯一の見開きページは、最後の17話に。

このもどかしさ。

着ぐるみにはいったヒロインをどう攻略しろと。

 

あいかわらずゆるゆるだけど、よりしたたかに手強くなった本作。

ガチャでSSRを引くのなんて目じゃない。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 我孫子祐   
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイヴ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03