スバルイチ『勇者が死んだ!』 むねきち『入ってますよ、HENTAIさん。』

 

 

近刊2作から、漫画家がいかにして読者の存在する現実世界と、

物語がくりひろげられるファンタジー世界をリンクさせるかみてみよう。

 

スバルイチ『勇者が死んだ!』(裏少年サンデーコミックス/ためし読みは、

農夫である主人公が、収穫した大根にニーソを履かせる場面からはじまる。

あきれる幼なじみの「ユナ」。

職業・性癖・人間関係などがあきらかに。

 

 

 

 

主人公が脚フェチなら、その慾求の対象を描けないといけない。

ユナのふとももは、筋肉と脂肪のバランスが絶妙。

 

 

 

 

そんなこんなで、読者は作品世界へとりこまれる。

悪魔の吐く溶解液で主人公の肉が溶けたのに、ヒロインは服だけとか。

 

 

 

 

本当はスバルイチは、シリアスでホラーテイストの現代ものをやりたかったが、

担当編集者の注文にあわせ、ドラクエインスパイア系のお気楽エロコメにした。

 

ホームページの「好きな映画100」をみると、かなり渋い趣味の持ち主とわかり、

作中のギミックの活かしかたなどに、お馬鹿ノリだけでない素養をみてとれる。

荒ぶるアーティスト魂をごまかす方便としてのファンタジー、これはこれでいい。






 

 

 

 

お次は、むねきち『入ってますよ、HENTAIさん。』(ドラゴンコミックスエイジ/ためし読み

なんの変哲もない女子中学生「真理」が、

ツボからあらわれた少女「ビビア」によって、魔法少女的なものに変身。

しかしこの衣装はただのコスプレなので、特殊能力はゼロ。

 

 

 

 

自称精霊のビビアちゃんとの怪しい同棲生活がはじまるが、

札束で買収された両親は歓迎。

この世でもっとも強力な魔法、それはおカネ。

 

 

 

 

足腰立たなくなるまで真理をペロペロ舐めつくし、魔力を補給するビビア。

JCと百合があれば、そこはもう十分にファンタジー世界。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03