青辺マヒト『藤原伯爵の受難』

 

 

藤原伯爵の受難

 

作者:青辺マヒト

掲載誌:『月刊少年シリウス』(講談社)2014年-

単行本:シリウスKC

[ためし読みはこちら

 

 

 

16歳の「藤原志津香」は、すでに1年引きこもり中。

動画サイトではそこそこ人気の生主であり、

「歌ってみた」「踊ってみた」などの動画もアップロードしている。

 

作者はこの初連載で、はやりの「こじらせ系女子」をとりあげた。

 

 

 

 

「伯爵」とはネコの名前で、めづらしい三毛猫のオス。

他者との接触を極端におそれるくせに、繋がりたくてしかたない、

ヒトとゆう生き物の滑稽な生態を、ネコ視点でえがく。

 

題材はモダンだけど、漱石以来の手法はクラシック。

 

 

 

 

志津香には「由芽子」とゆう中2の妹がいる。

反抗期まっさかりで、ニート街道まっしぐらの姉を目の敵に。

 

 

 

 

実はゆめはシスコンだった。

ド変態レベルの。

にくたらしい態度は「お姉ちゃん好き好き」な内心を悟られないため。

 

とりあえず可愛い娘がみたい、とゆう需要をみたす作品なのはたしか。

 

 

 

 

ネットも楽園ではない。

生放送中、荒らしユーザーとして有名な「死の蝶」に凸される。

みためは可憐な白ロリでも辯がたち、「シーズー☆」は敗色濃厚。

 

 

 

 

荒らしは闇雲に凸ったりしない。

配信日時をしらべ、「高校生設定」のウソをあばく。

カメラにうつった物や日没時刻などから身元特定。

 

ノートに「算数」とあるから小学生らしいが手ごわい。

 

 

 

 

志津香がただの引きこもりでなく、

ローカルアイドルとして活動していた過去もあきらかに。

ヒトとネコが、そのときその場所でがんばる姿に共感できる、魅力的な物語だ。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ:   百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03