吉沢潤一/井口達也『マリア』

 

 

マリア

 

作画:吉沢潤一

原作:井口達也

掲載誌:『別冊ヤングチャンピオン』(秋田書店)2014年-

単行本:ヤングチャンピオン・コミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

佐藤アキラ、18歳。

北関東のガソリンスタンドではたらいている。

夜はひとりでボーッとすることが多い。

ガラの悪い連中にちょっかい出されることも。

 

 

 

 

でも彼らは後悔することになる。

アキラは暴走族「北関東マリア」7代目総長だから。

 

 

 

 

主人公にはモデルがいるらしい。

田舎のあじけない日常もリアルに描けている。

 

 

 

 

ヤンキー漫画だから、ケンカが物語の中心に。

総長のアキラはレディースでも弱い方で、まして男相手だと雑魚にも苦戦。

バッタバッタと敵を薙ぎ倒す快感はない。

 

 

 

 

帯などで本作は「今世紀最後のレディース漫画」と銘打たれている。

ヤンキー漫画はいまも人気だが、

サブジャンルのレディースものは消えつつあるらしい。

「美少女が世界を救う」系の絵空事がオタク向けにはびこる一方、

女がいまここでツッパって生きてゆく物語は陳腐化したのか。

 

 

 

 

アキラの強さは腕力でなく内面にある。

困ってる人間をほっとけないタチで、

家出少女を三人もかくまい、バイトの稼ぎで養う。

そのやさしさゆえ、仲間に信頼されリーダーとなった。

 

 

 

 

クソみたいな時代だからこそ、媚びない生き方がないと息ぐるしい。

その典型がレディースで、廃れるのは惜しいジャンルだ。

オタク用語をあてはめ、「百合」と言い換えてもいいかもしれない。






関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: 百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03