上月さつき『制服嗜好』

 

 

制服嗜好

 

著者:上月さつき

発行:イースト・プレス 2014年

[版元の紹介ページはこちら

 

 

 

昨年9月に刊行されて以来、すでに3刷をかさねるなど好評を博した、

女学生の制服について愛情こめて解説する図鑑。

著者は素材系メーカーに勤務してるそうで、ただ見てカワイイとゆうだけでなく、

「マテリアルとしての制服」が素人にも理解できるつくり。

 

たとえばプリーツスカートのポケットが左側におおい理由、しってました?

 

 

 

 

オシャレ指向のセーラー服は、胸元にダーツとゆう縫いが施されている。

女子らしい曲線的なシルエットを表現。

 

いくら純粋な学術的関心から発する行動だとしても、

道行く乙女をよびとめ制服を触らせてもらうわけにゆかないので、

本書のさわやかなイラストと丁寧な文章に、知的好奇心が満たされた。

 

 

 

 

冬のセーラー服は紺や黒や灰色。

パーツがシンプルなため、ブレザーとくらべると暗めな印象に。

僕も漠然とセーラーは夏服にかぎるとおもっていた。

 

しかしその分、冬セーラーは三角タイや襟のセーラーラインがきわだつ。

自分がいかに浅薄な理解しかもたなかったか、恥じいるばかり。

 

 

 

 

セーラーもブレザーも、それぞれすばらしい。

両者をイイトコどりした「セーラーブレザー」なる制服も存在。

襟はセーラー、裾はブレザー。

二重人格みたいでミステリアスだ。

 

 

 

 

女子がこれらを着こなすことで、布切れに生命をあたえる。

具体的にゆうと、どう「指定」と折り合うか。

指定外のミント色のリュックと制服がかなでる、夏らしい色彩のハーモニーとか。

 

 

 

 

たとえアレンジをゆるさない学校でも、彼女らのオシャレ心はとめられない。

マフラーのかわいい結び方とか。

 

 

 

 

冬のアウターの定番といえばPコートやダッフルコートだが、

トッパーコートは着崩しがむづかしく、おちついた雰囲気に。

やや薄手の素材によるボディラインと、

末広がりのAラインシルエットが、夏の少女を冬の淑女にかえる。

 

束縛のなかの自由。

無個性を転覆した個性。

制服がおりなす銀河系の広大さにめまいがしそう。






関連記事

テーマ : ★制服★
ジャンル : 学校・教育

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイヴ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03