小説 第3部「散花篇」 19「すき家襲撃」

『フリーダム・シスター』


登場人物とあらすじ


全篇を縦書きで読む








 暁ジュンは千葉市緑区にある「すき家」に来ている。チーズ牛丼が好物だった。

 トイレから出ると、カウンター席にすわる本城フランが、なれなれしい男ふたりに両側から話しかけられていた。

 ピンクのカーディガンを着たフランは相変わらず愛想がいいが、千葉くんだりでナンパされても迷惑。佩刀するジュンは無言で後ろから圧力かけた。

 幕張を失陥した自由軍が、いま鎌取に総司令部をおくのは周知の事実。茶髪の男たちは、「百人斬り」の顔をみるなり注文もせず店外へ去っていった。

「あんなの相手したらダメだって」ジュンは箸をとる。「社交的なのはフランちゃんの長所だけどさ」

 フランは澄まし顔。「たのしい人たちでしたよ」

「男の頭の中なんてヤることだけだよ。彼氏いたことないから、わからないだろうけど」

「さすがビッチと称されるだけありますね」

「ちょっと」ジュンは御飯粒つけて気色ばむ。「いくら親友でも、言っていいことと悪いことがあるでしょ」

「ごめんなさい。言葉の使い方がまちがってたみたいです」

 人気作家で物知りのフランが誤用をするはずない。やさしい笑顔のまま、婉曲法でジュンを責めている。

 心当たりはあった。大井スルガと深夜に事がおきかけ、その後まるで進展ないが、フランは変化を察したらしい。独占慾を刺激され依怙地になっていた。

 愛着をもたれるのは嬉しいが、気持ちには応えきれない。でもジュンはいづれ理解してもらう自信がある。いつになく前向きな気分に満ち、仲間を引っぱるつもりだった。

「だいたい」まだフランはブツブツつぶやく。「わたしが誰とつきあおうが、ジュンさんに関係ないですよね。たしかに恋愛経験ないけど交友関係はひろいし、男性の扱い方くらい心得て……きゃっ!」

 ジュンはフランを腋から持ち上げ、カウンターのむこうへ投げた。小柄な十八歳は空中で一回転し尻餅つく。ジュンも追随。

 だしぬけにふたりはセンターファイア弾薬をあびる。店員や客に付随被害が生じた。

 デジタル迷彩服を着た十二人の男が店になだれこむ。ながれる様な動作でレバーを上下し排莢。レバーアクションのウィンチェスターライフルだ。

「Watch out! They're behind the counter!」

「OK, move!」

 ほとんどが外見は白人、訛りはアメリカ風。ジュンは備品のカラーボールで撹乱する。

 雪風流【千仞】。

 抜刀と同時にカウンターを踏み台にして飛ぶ。迅雷が米兵をおそう。

 ウィリアム・ハウ海軍一等兵曹は、自分の胴体の断面が視界をせり上がってゆくのを見た。袈裟懸けに切断され、上半身が斜めにずり落ちていると気づいたとき絶命。

 【千仞】は目眩ましの技だ。人間の視覚は上下運動を認識しづらい。ついで得意の反復横跳びで三人斬り捨てる。

「ジュンさん、うしろ!」

 フランの叫びに反応、左手でにぎった箸の束を、屈みながら背後へ投擲。五発の銃弾は幸運にも外れた。瞬きもさせず全員斃す。

 流血の波が床を洗い、ジュンの赤いニューバランスを微妙な風合いに染める。のこった三人の銃口が集中。SEALs隊員はすさまじい損耗に悄然としているが、これで戦いは「詰み」と確信した。

 十二代宗家は微笑する。どうしても試したかった奥義をつかう好機だ。

 雪風流【鷙鳥】。

 無意識にパーカーのポケットにいれた、タバスコの壜を放って斬る。

「Fuck!」

 紅のシャワーをそそがれた三人がのたうつ。それは目潰しどころでなく、失明の危険をともなう化学兵器。乙女は慈悲ぶかく、刃で苦痛をとりのぞいた。

 紙ナプキンで血とタバスコを拭きとり納刀。返り血は一滴もあびてない。

「くそッ」ジュンは椅子を蹴飛ばす。「だれも殺したくなかったのに」

 敵があまりに強すぎた。シャドウガールやアイシェンの様な個人の武勇とちがう、集団として訓練された殺人機械で、手加減できなかった。

「わたしを守るためですよね」フランがカウンターの裏から出る。「あんな意地悪を言ったわたしを」

「ケンカしたって親友は親友だし」

「本当にあなたって人は……。でも心配です。アメリカ軍がジュンさんの暗殺を目論むなんて」

「いや、ターゲットはフランちゃんだった」

「そんな!」

「中国へ渡る前に始末したかったんでしょ。今回は同行するね。大丈夫、あたしらは無敵のコンビなんだから」




 自動ドアのひらく音がした。

 巨漢が唖然として、心肺停止した十二人の体を凝視する。CIA工作員のジョン・ピーチだ。日本を飼い慣らす専門家としてのキャリアが、このとき終わった。

「悪魔め!」ピーチが罵る。「こいつらはDEVGRUだ。ビン・ラディンを殺した精鋭だぞ。こんなことはあってはならない!」

「キュートな小悪魔と言ってくれ」ジュンはふたたび抜刀。「なあおデブさん、よくそのツラ出せたな。リリホワで散々あたしを殴ったのを忘れたのか」

 ピーチは散らかった床にピースメイカーを投げ捨て、両手をあげる。暁ジュンの情報はハードディスクが溢れるほど収集した。彼女が攻撃するのは、自衛か報復のときだけ。降参すれば斬られはしない。

 しかし切先が太鼓腹に刺さり、スパイはうめいた。汗だくのシャツに血がにじむ。

「甘いんだよ」ジュンの口元が歪む。「あたしにそんな駆け引きが通じるか。おい、エリを殺したのはお前だな」

 視線が交錯する。通じようが通じまいが、ピーチは駆け引きに頼るしかない。そうして二十年、諜報の世界で生きてきた。

 いまやジュンのことはジュン以上に知ってると自負する。同級生のエリとは反目していた。仇討ちの動機にならないはず。

「そうだ」ピーチは畏まる。「命令とはいえ、若い娘を犠牲にしたのは間違いだった」

「あっそ。あとコタカをハメるのに一役買ったろ」

 言葉をうしなったスパイの耳に、ヘリコプターのローター音がとどく。肥満体にしては意外な俊足で遁走。駐車場におりたMH-60改造ステルスヘリに転がりこんだ。

 はげしく吹き下ろす風を腕でふせぎつつ、ジュンは空をみあげた。

 この戦争は一日もはやく終わらせる。もう迷わない。あたしが先頭にたつ。




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03