カツヲ『三ツ星カラーズ』 あまりに電撃的な

 

 

三ツ星カラーズ

 

作者:カツヲ

掲載誌:『月刊コミック電撃大王』(アスキー・メディアワークス/KADOKAWA)2014年-

単行本:電撃コミックスNEXT

ためし読み/同作者の『ひとりぼっちの○○生活』

 

 

 

上野公園は不忍池のベンチで、人類絶滅計画をたてる女子小学生3人。

本作をジャンル分けするなら「少女探偵団もの」。

 

 

 

 

高校生(か中学生)の「ののちゃん」が訳知り顔で言ったのを真に受け、

自然をまもるには人類を滅ぼすしかないとゆう結論に達した。

 

オトナのテキトーなお説教や知ったかぶりを曲解し、

コドモ目線で世界を転覆するこの感じ、みおぼえある。

あと、ののちゃんの制服がかわいいので単行本で御確認を。

 

 

 

 

おしなべて本作は「社会科見学」の趣きがある。

別名義かと疑うほど、『苺ましまろ』のばらスィーそっくりの絵柄だが、

上野動物園のガイドツアーのお姉さんとのシュールなやりとりは、

あずまきよひこ『よつばと!』を髣髴させる。

背景へのこだわりもそう。

どうしようもなく「ゼロ年代の電撃」的な漫画だ。

 

 

 

 

つねに帽子着用の「琴葉」は、3DSを手放さないゲーム脳。

流血描写をこのむアンチCERO系ゲーマー。

「文化系」要素が10年代の漫画ならでは。

 

毎話の服のかわいさを堪能できるのも『苺ましまろ』同様だけど、

帽子ファッションのエレガンスが新味をくわえる。

もはや「かわいいは正義」すぎて、それだけじゃ生き残れない時代。

 

 

 

 

ときどき琴ちゃんは兇暴になる。

暴力的ゲームの悪影響を心配されるが、

ゲームそのものに害はなく、もともと自分はこうだと宣言。

 

2002年の森昭雄『ゲーム脳の恐怖』などの批判を克服した、

サブカルチャーの特権的地位が説かれる。

 

 

 

 

かくれんぼでの灯台下暗し戦術を「東大デモクラシー」と名づける。

 

なもり『ゆるゆり』の「罰金バッキンガム」に匹敵する、

知的かつバカバカしい言葉あそびは、これまた10年代的。

ハイブリッドなサブカル教養をにじませる、作者のマンガ脳に舌をまく。

 

 

 

 

ゲーム脳は正義!

いまも街のどこかに、かわいいスネークがひそんでる。




三ツ星カラーズ (1) (電撃コミックスNEXT)三ツ星カラーズ (1) (電撃コミックスNEXT)
(2015/04/24)
カツヲ

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ  百合 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03