白峰旬『新解釈 関ヶ原合戦の真実』

 

 

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

 

著者:白峰旬

発行:宮帯出版社 2014年

 

 

 

関ヶ原合戦でドラマチックな裏切りをしたとされる赤座直保と朽木元綱は、

そもそも出陣していなかったかもしれない。

偵察で貢献した黒装束の久保島孫兵衛にいたっては、架空の人物なのは確実。

 

著者は「天下分け目の戦い」から小説的な脚色をとりのぞく。

 

 

参謀本部編纂『日本戦史 関原役』

 

 

各時代の歴史書の引用元をさかのぼると、江戸時代の軍記物などにゆきつく。

そりゃあ、面白おかしくなるわけだ。

特に参謀本部が編纂した『日本戦史』の布陣図は、

その権威ゆえ後世にフィクションと事実を混同させた。

 

鈴木眞哉の「遠戦主義」も本書で批判される。

「天下人中心史観」をくつがえす、平山優(例1/2らの研究にちかい立場だ。

戦国時代の問い直しは、戦術レベルから列島レベルの議論にすすんでいる。

 

 

 

 

小早川秀秋は開戦と同時に裏切り、石田三成方は瞬時に敗北した。

これが本書のテーゼ。

史実はあっけなくつまらないので、スリリングなストーリーがでっち上げられた。

 

徳川家康が、福島正則や山内一豊らをあつめた「小山評定」は、

いかにも大河ドラマ的な名場面だが、これもウソらしい。

 

 

家康が遣わしたとされる「問鉄砲」隊

 

 

家康が小早川隊にぶっ放した「問鉄砲」は、江戸中期の創作。

天保期に、幕府の奥儒者・成島司直が正史『徳川実記』に収録したことで、

決定的な影響力をもった。

神君家康公の智謀をたたえるイデオロギーにすぎない。

 

 

内府ちかひの条々

 

 

合戦当時、家康は指揮権を剥奪されていた。

「上杉討伐」を名目に諸大名を動員しようとしたが不発。

結局のところ関ヶ原は、豊臣家の内ゲバだった。

 

戦後、大阪城西の丸をうけとったのは福島ら豊臣系武将。

本丸には豊臣秀頼が健在だった。

ちっとも天下の分け目になってない。

 

戦乱に便乗した家康は勝利者の末席に名をつらね、

主筋の豊臣家が没落したのをこれ幸いと、天下人にとってかわった。

姑息な手をつかわないと、ホトトギスは鳴きはしない。




新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い
(2014/10/10)
白峰旬

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイヴ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03