小説10 「春風」

『フリーダム・シスター』


登場人物とあらすじ


全篇を縦書きで読む








 暁ジュンは口のなかのクロレッツをティッシュでくるみ、カーゴパンツのポケットにいれた。これから桜台にある葦切コタカの自宅をおとづれる。兄も同行するのは護衛と、剣士のブランド力で門前払いされないようにするため。

 どうにかオートロックを突破、マンションの五階へたどりつく。応対したのはコタカの母で、息子とおなじく小柄な美人だった。憎悪で眉間にふかい皺がきざまれるが。糞尿でもさわるかの様にヨックモックの菓子折をうけとる。

 ひとりでコタカの部屋へはいる。兄に居間で母親の相手をつとめさせる。つまらない世間話が彼の唯一の特技。コタカの自室は意外と奇麗だった。ジュンが貢いだロリ漫画をどこに隠してるのだろう。

 机の上に銀のネックレスをみつけた。シャドウガールの持ち物だ。

「このお菓子」ジュンはシガールを咥える。「スースーってしたくなるよね」

 コタカは飲食に手をつけず緊張する。おどけるジュンの、声にださない論難に気づいていた。室内の空気に酸味がまじる。

「シャドウガールに」ジュンの自尊心が笑顔を維持させていた。「寮の部屋番号おしえたでしょ。実はメールに書いた番号は隣のだったんだ。あたしってホント性格悪い」

「ごめん」

「しかもあいつと寝たでしょ」

「……うん」

 視界の天井と床がいれかわる。RGBバランスが狂っている。内臓の機能は急停止。ゴミ箱へ顔をつっこみ、甘ったるいゲル状のものを嘔吐した。

 心が事実を拒絶している。ウブな恋人が、自分を殺そうとした敵と情を交わすなんて、あってはならない。

 コタカに背中をさすられる。しらじらしく感じた。

「お尻のところに」ジュンは涎を垂らしながながら言う。「脇差あるのわかる? 質問するから正直にこたえて。嘘ついたらコタカを刺して自分も死ぬ。ねえ、ずっとあたしのこと嫌いだった?」

「そうだね……ごめん」

 大量の涙が吐瀉物をうすめる。「嘘をついてほしい」とゆう気持ちが、なぜつたわらないのか。本気で殺されると思ってるのか。自分の喉を突けば、ちょっとでも振り向いてもらえるのか。

「あはは、コタカって趣味わるすぎ」ジュンは上体をおこす。「あんな妖怪ババアとセックスとかありえない。でも正直に言ってくれてありがと。あたしはコタカをオモチャにしてたよね。いろいろ迷惑かけて、こちらこそごめんなさい」

 強がれば強がるほどミジメになる。コタカは怪訝そうに首をかしげた。なんて可愛い男の子なんだ。やっぱり大好き。

 膝に手をおき立ち上がる。なかば意識が途切れてるのに、正常にはたらく足腰に感心。「しれば迷ひしなければ迷はぬ恋のみち」。あたしは剣の道に生きるしかないか。多分無理だけど。

 シャドウガールを恨む心境にならない。こちらが一番されたくないことをしただけ。権力の毒が骨の髄までまわった女の、くだらないゲームだ。怒ったら同類になる。

 あたしはあたしの道をゆく。




 三日後、事態は急転。

 解体される国立競技場の最後のイベントがひらかれた。演目は「葦切コタカの死刑執行」。スパイ容疑やゴッドガール暗殺未遂などの罪状で。軍律会議での一時間ほどの審理のあと判決がくだった。

 水色の襟のセーラー服をきた暁ジュンは、本日の主賓だった。右隣にすわる本城フランがずっと友人の手をにぎる。

「いざってときは」蒼龍学園でもっとも非力な生徒が言う。「わたしも戦います」

 気持ちがうれしいので、ジュンは足手まといだと正直に答えなかった。

 部屋着のまま連行されたステージ上のコタカは茫然自失。人一倍臆病だから仕方ない。

 政府に恋人を売ったコタカは態度をかえ、非協力的になった。とりみだすジュンを憐れんだらしい。政府は利用価値なしとみるやコタカを切り捨てる。もともとゴッドガールの恥部を撮影し配信したとゆう、言い逃れできない罪があった。

 すべてジュンの責任であり、どうにかしないといけない。でも、どうやって。自分、兄、アリア、フラン、トモコ。たった五人で、スタジアムを埋める親衛隊員相手になにができるだろう。

 兄妹はステージへのぼった。ジュンのみじかいスカートがひるがえる。大学生の兄は演壇でスピーチをはじめた。つまらない話で時間を稼がせたら天才だ。時折「自重しろ」と妹に目くばせする。

 若い死刑囚はぼんやりし、ジュンと視線をあわせない。眼前のできごとを現実と認識してない様にみえる。

 「海行かば 水漬く屍」とふるい歌がながれ、内閣総理大臣・安倍晋三が登場。ジュンやコタカと同年代の美少年を十人つれる。民族主義思想をたたきこまれ、彼を崇拝する「アベユーゲント」だ。みな武装している。

「暁さん」首相が握手をもとめる。「お会いできてうれしい。あなたの様に武道を受け継ぐ若者がいれば、日本の将来はあかるい」

「こちらこそ光栄です」ジュンはにこやかに答える。「社会に貢献できる大人になれるよう、これからも努力します」

「ところで親衛隊の件は、首相として心からお詫びします。一部の人間の暴走だったとはいえ」

「もったいないお言葉です。政権をあづかる立場の大変さ、お察しいたします」

 社交辞令とわりきれば、ジュンは優等生らしくふるまえる。

 にやつく安倍は侮蔑の色を隠さない。この十五歳の少女を徒花とみなしている。ひと月もすれば散る運命の。

 総理大臣の煽動がはじまる。ジョージの寝言と迫力がちがう。コタカが中国の犬で、卑劣なテロリストで、いやしい在日朝鮮人だと喚く。いまこそ国民はひとつになれ。それを疑うものは売国奴で、万死に値する。

 こいつも「駒」だとジュンは察知した。だれかの書いた脚本を読むだけの傀儡だ。人間とゆうよりスピーカーだ。常軌を逸した発言は責任意識がともなってない。頬がたるんだこの六十歳の老人から、内省する心を露ほども感じとれない。

 しかしなぜリスクを背負ってまで、安倍がシャドウガールの言いなりなのかは理解をこえる。輿論を味方とし、軍事・警察・諜報・宣伝をうごかす権力があれば、シャドウの人脈など圧倒できるのに。




 火刑の準備がはじまる。柱のまわりに薪が積まれてゆく。生きたまま焼かれる苦痛はどれほどか、想像もつかない。

「アニキ、刀貸して」ジュンが手をのばす。

 これをふせぐためジョージは茶番劇を演じていた。妹の暴発をさそうのが、赤坂の月讀御所でテレビ中継をみている、シャドウガールの計略なのは明白だった。

 だが左の手首を極められ、ジョージの長躯は宙を舞い、受身なしで落ちて肺が空になる。刀だけ妹の手にのこった。

 ジュンは抜身をさげ演壇へちかづく。

 アベユーゲントの六人が抜刀し、四人が弓をひいた。

「総理」ジュンはなにげなく要求。「葦切君はあたしが処刑します。よろしいですか」

 拒否したらお前から斬ると、瞳が雄辯にかたる。総理大臣は抵抗しない。

 雪風流では介錯の仕方をおしえる。切腹する父の首を落とす想定がイヤでイヤで、幼いジュンは泣きながら稽古した。「いつか必要になる日がくる」と無理強いされた。

 ジュンは恋人に声をかける。「膝をついて下をむいて」

「こわいよ」コタカの頬が濡れている。「こんなところで死にたくない。暁さんも一緒に来てくれる?」

「ごめん、いますぐは行けない。でもあなたのことは絶対わすれない。一秒だって」

 桜花をちらす風が、むせぶ涙声を掻き消したかもしれない。

 刀身は春光をにぶく照りかえしながら、急転直下のうごきをはたした。




関連記事

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイヴ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03