神崎かるな/黒神遊夜『武装少女マキャヴェリズム』2巻 あるツァイトガイスト

 

 

武装少女マキャヴェリズム

 

作画:神崎かるな

原作:黒神遊夜

掲載誌:『月刊少年エース』(角川書店/KADOKAWA)2014年-

単行本:角川コミックス・エース

ためし読み/1巻の記事/同作者の『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』

 

 

 

粗暴な新撰組筆頭局長・芹沢鴨が、鉄扇で誰彼かまわず殴ったのは有名だし、

「鉄扇術」が流派として存在するのも知ってたが、その形をみるのは初めて。

本作は「情報量がおおい」とゆう、名作の条件をみたしている。

 

 

 

 

天下五剣のひとり「亀鶴城(きかくじょう)メアリ」のレイピアが襲いかかる。

西洋剣術の多彩な突きに翻弄され、間合いを詰められない。

 

 

 

 

女剣士を斃したらボーナスタイム。

なにやら覚悟してるメアリさんの艶めかしい体型を堪能しよう。

 

 

 

 

神崎かるなの描線はすこぶるうつくしい。

メアリとくらべ細身の「鬼瓦輪(おにがわら りん)」のブルマは皺がよる。

そこがまたいい。

 

 

 

 

てっきり剣術漫画とおもってたら、相撲大会がはじまる超展開。

「ブルマ・まわし・刀」のコーディネイトは、意外なほどそそる。

 

 

 

 

『しなこいっ』のゴシック的「暗さ」を捨て、ラノベ的「軽さ」にちかづいた本作。

「もう打ち切り(二度も)は御免だ」とゆう覚悟が、ラッキースケベ連打にあらわれるが、

その反動なのか熊とのバトルを延々と描いてアンケートで惨敗したらしい。

器用な様で不器用なコンビかも。

 

ちなみに「花酒蕨(はなさか わらび)」が熊をしたがえるのは、坂田金時になぞらえた。

ハチャメチャな様で筋がとおっている。

鬼姫のセリフもおかしいし、僕はすきなエピソードだ。

 

 

 

 

蕨はタイ捨流の遣い手。

「猿廻」など身軽なうごきを、流麗な作画で魅せる。

古武道を描かせたら空前にして絶後。

 

 

 

 

対する鬼姫は直心影流。

すらりとのびた脚に映える「鶴ノ構」。

この上なく凛々しくて、この上なく萌える。

いにしえの精神を、はやりの仕草と調和させ、2015年を斬る。




武装少女マキャヴェリズム (2) (カドカワコミックス・エース)武装少女マキャヴェリズム (2) (カドカワコミックス・エース)
(2015/02/23)
神崎かるな

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 謙

苑田 謙
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイヴ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03