野田サトル『ゴールデンカムイ』

 

 

ゴールデンカムイ

 

作者:野田サトル

掲載誌:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2014年-

単行本:ヤングジャンプコミックス

[ためし読みはこちら

 

 

 

明治後期の北海道。

主人公の「杉元佐一」が広大な森をさまよう。

脱獄囚から漏れ聞いた、アイヌの埋蔵金をさがしている。

いまの貨幣価値に換算すると、およそ8億円。

 

 

 

 

杉元は日露戦争の帰還兵。

「不死身」と称されるほどの活躍だった。

 

 

 

 

だがヒグマが出没する蝦夷の大地は勝手がちがう。

年のほどは12、3歳のアイヌ少女「アシリパ」にすくわれる。

トリカブトやアカエイをまぜた毒矢で巨獣を斃した。

 

 

 

 

19世紀末に絶滅したとされるエゾオオカミもあらわれる。

名を「レタラ」といい、アシリパの守り神の様な存在。

 

 

 

 

女だてらに狩猟の技術を体得するアシリパが、

だいすきなリスの肉をたべようと「くくり罠」をしかける。

樹木の繊維で織られた服の文様もうつくしい。

 

 

 

 

203高地の激戦を経験した兵士でも、リスの脳味噌を生で食すのは気がひけるが、

信用をえるには地元の風習にあわせるしかない。

 

「宝探し」の物語に、「サバイバル」や「異文化接触」のテーマをからめつつ、

道産子の野田サトルは、雄大な風景や民族衣装をたくみにえがく。

アイヌ少女をみると帝国主義のスイッチがはいり、ついときめいてしまう。

 

 

 

 

箱館戦争で死んだはずの、新撰組副長・土方歳三まで登場。

くだんの脱獄囚の群れにまぎれこんでいた。

北海道はひろいから、だれがいてもおかしくない。

 

 

 

 

エンピツとかゆう最先端のテクノロジーに感動!

情報量のおおさと、表現のみづみづしさが両立した、稀有な作品だ。




ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/01/19)
野田サトル

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

タグ: ロリ 
最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健
漫画の記事が多め。
たまにオリジナル小説。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイヴ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03