八十八良『不死の猟犬』2巻 黒いラブコメ

 

 

不死(しなず)の猟犬

 

作者:八十八良

掲載誌:『ハルタ』(エンターブレイン/KADOKAWA)2013年-

単行本:ビームコミックス

[1巻の記事はこちら

 

 

 

チアガールコスで戦うツインテ少女「切子(きりこ)」の見せ場たっぷりな2巻。

エモノはPDWの「H&K MP7」。

 

 

 

 

姉貴分のセーラー服メガネ「風間リン」が、

ドラムマガジンつきAK-47二丁ふりまわすのにくらべると、やけに現実的。

軽量小型で市街地戦むきか。

 

定年まぢかの刑事「重松」は「H&K HK416」を狙撃銃として運用。

銃にも流行り廃りがあり、アクション漫画はそれを無視できない。

しっかり描きこまれた武器が、闇のなかで鈍く黒光りする。

 

 

 

 

PDWの小口径高速弾は、やすやす防弾ベストを貫通。

切子の粗暴さとも一致する。

 

 

 

 

新米の逃がし屋「香田」のトレーニング。

窮屈な構えで、運転席から左手で抜き撃ち。

職質から5秒で脱出するための戦術だ。

 

 

 

 

空間的な駆け引きの描写に、作者は重点おく。

わざと検問を敷かず、味方が待ち伏せる橋へおいこむ警察。

 

こまかいことだが、地図の折り目まで表現されている。

 

 

 

 

それに対し、想定外のパニック戦術で敵を翻弄するリン。

無意味に空薬莢をばらまく漫画じゃない。

 

 

 

 

本作は「スパイもの」の要素もある。

闘って生きのびるか、愛に殉じて死ぬかの二者択一。

得意の恋愛描写で、ヒロインのクーデレな魅力をひきだす。

 

 

 

 

銃器へのこだわりやダークな作画で誤解されてそうだが、

『不死の猟犬』は本質的にラブコメ漫画だ。

恋愛とゆう苛酷な闘争が、銃撃戦を相対化し、より絵になる世界へ変異させる。

 

 

 

 

新キャラの「白雪姫」は、ネトゲのクランの紅一点。

去年の流行語「オタサーの姫」をとりいれたらしい。

ちなみに一人称は「僕」。

 

 

 

 

ときに通俗的だったり、「RDS」など話がわかりづらかったり、

生煮え感を否定できない作品だが、まあ『ハルタ』は大抵そうだし、

繊細かつ高度に安定した絵柄は、缺点を美点にかえる。

スープがしみこんでなくても、うまい肉はうまい。

 

姫の足もとの影にゾクッときた人ならわかるはず。




不死の猟犬 2巻 (ビームコミックス)不死の猟犬 2巻 (ビームコミックス)
(2015/02/14)
八十八良

関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
記事の分類
検索とタグ

著者

苑田 健

苑田 健

掲示板『岩渕真奈 閃光の天使』
も運営しています。

Twitter
メール送信

名前
アドレス
件名
本文

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイヴ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03